vSphere Distributed は、関連するすべてのホストにおいて単一の仮想スイッチとして機能します。仮想マシンは、複数のホスト間を移動するときに、一貫したネットワーク構成を維持できます。既存の標準スイッチ (仮想アダプタ) を分散スイッチに移行して、分散スイッチが不要になるか、機能が停止した場合、標準スイッチをリストアして、ホストにアクセス可能なことを確認できます。

始める前に

管理ネットワークが分散スイッチに接続されていることを確認します。

このタスクについて

標準スイッチをリストアすると、新しい仮想アダプタが作成され、現在分散スイッチに接続されている管理ネットワーク アップリンクが、新しい仮想スイッチに移行します。

次の理由によって、標準スイッチのリストアが必要になる場合があります。

  • 分散スイッチが不要である、または機能していない。

  • vCenter Server への接続を復旧するために分散スイッチの修復が必要で、ホストはアクセス可能なままにする必要がある。

  • vCenter Server でホストを管理しない。ホストが vCenter Server に接続していない場合、ホストではほとんどの分散スイッチの機能が使用できません。

手順

  1. ダイレクト コンソールから、標準スイッチをリストア を選択して Enter を押します。

    ホストが標準スイッチにある場合、この選択肢は淡色表示され、選択できません。

  2. F11 を押して確認します。