Microsoft Windows 仮想マシンまたは物理サーバに vCenter Server をインストールして、vSphere 環境を管理できます。

vCenter Server をインストールする前に、ISO ファイルをダウンロードし、インストールを実行する Windows ホスト マシンにこのファイルをマウントし、その後でインストール ウィザードを開始します。

vCenter Server 要件の詳細は、Windows 版 vCenter Server の要件を参照してください。

vCenter Server のインストール中に要求される入力の詳細については、vCenter Server のインストールに必要な情報を参照してください。

vCenter Server をインストールした後は、administrator@your_domain_name ユーザーだけが vCenter Server システムにログインする権限を持ちます。

administrator@your_domain_name ユーザーは、次のタスクを実行できます。

  • 追加のユーザーおよびグループが定義されたアイデンティティ ソースを vCenter Single Sign-On に追加します。

  • ユーザーおよびグループにロールを割り当てて権限を付与します。

アイデンティティ ソースの追加、およびユーザーとグループへのアクセス許可の付与の詳細については、『vSphere セキュリティ』を参照してください。