拡張リンク モードでは、1 つ以上の Platform Services Controller を使用して、複数の vCenter Server システムを接続します。

拡張リンク モードを使用することにより、リンクされたすべての vCenter Server システムを表示し、まとめて検索することができ、ロール、アクセス許可、ライセンス、ポリシー、およびタグを複製できます。

外部の Platform Services Controller を使用して vCenter Server のインストールまたは vCenter Server Appliance のデプロイを行う場合、まず Platform Services Controller をインストールする必要があります。Platform Services Controller のインストール中に、新しい vCenter Single Sign-On ドメインを作成するか、既存のドメインに参加するかを選択できます。すでに Platform Services Controller がインストールまたはデプロイされていて、vCenter Single Sign-On ドメインが作成されている場合、既存の vCenter Single Sign-On ドメインに参加することを選択できます。既存の vCenter Single Sign-On ドメインに参加する場合、既存の Platform Services Controller と新しい Platform Services Controller 間でデータが複製されます。また、インフラストラクチャ データも 2 つのPlatform Services Controller 間で複製されます。

拡張リンク モードでは、Windows 上で実行されている vCenter Server システムだけでなく、多数の vCenter Server Appliance も接続できます。また、複数の vCenter Server システムと vCenter Server Appliance がリンクされている環境を設定することもできます。

vCenter Server と外部 Platform Services Controller をインストールする場合、まず Platform Services Controller を一方の仮想マシンまたは物理サーバにデプロイしてから、vCenter Server を別の仮想マシンまたは物理サーバにデプロイします。vCenter Server のインストール時に、外部 Platform Services Controller を選択する必要があります。選択する Platform Services Controller がスタンドアロンの外部 Platform Services Controller であることを確認します。組み込みインストールの一部である既存の Platform Services Controller を選択することはできません。また、デプロイ後に再構成することもできません。推奨されるトポロジの詳細については、http://kb.vmware.com/kb/2108548 参照してください。