最初に起動する ESXi ホストを環境に合わせてカスタマイズし、ホスト プロファイルを作成できます。そのホスト プロファイルを使用して、その他のターゲット ホストをプロビジョニングするように Auto Deploy を設定することができます。ホスト プロファイルの作成元となる ESXi ホストは、参照ホストまたはテンプレート ホストとみなされます。

始める前に

このタスクについて

参照ホストの構成方法は、何を行うかによって異なります。

共有設定

すべてのホストが共有する設定を指定し、そのホストのホスト プロファイルを保存します。

ホスト固有の設定

固定 IP アドレスなどの限られた数のオプションの入力をユーザーに求めるプロンプトを表示するようにホスト プロファイルを設定して、ホストをカスタマイズします。ホストのカスタマイズ内容は、ホスト プロファイルの保存時に保存されます。vSphere Web Client でのホストのカスタマイズ を参照してください。

Auto Deploy は、ホスト プロファイルのすべての共通設定を、すべてのターゲット ホストに適用します。ユーザー入力を求めるようにホスト プロファイルを設定する場合、そのホスト プロファイルを使用してプロビジョニングされるすべてのホストはメンテナンス モードになります。ホスト固有の情報についてプロンプトが表示されるためには、ホスト プロファイルを再適用するか、ホストのカスタマイズ内容をリセットする必要があります。

注:

システム管理者は、ホストのカスタマイズ内容に直接アクセスしたり操作したりすることはできません。ホストのカスタマイズ作業を行うには、vSphere Web Client のホスト プロファイルの UI を使用します。

手順

  1. vSphere Web Client を使用して vCenter Server システムに接続します。

    この概念実証設定では、vCenter Server システムはローカルホストです。

  2. ホストおよびクラスタをクリックし、Auto Deploy が最初のデータセンターに追加したホストを選択します。
  3. ホストを構成します。

    概念実証の残りの設定では、別のホストとは異なる設定を少なくとも 1 つ構成することを想定しています。

    構成

    説明

    ネットワーク

    次のネットワーク コンポーネントを構成します。

    • ベースの仮想スイッチおよび VMkernel の管理ポート グループ。

    • VMkernel のストレージ ネットワーク ポート グループ。

    • 仮想マシンのネットワーク ポート グループ。

    • 追加の仮想スイッチおよびポート グループ (ある場合)。

    • 必要な場合は、Distributed Switch (使用する場合は、ポート グループを Distributed Switch に転送します)。

    ストレージ

    共有ストレージを構成します。

    時間の設定

    時間の設定を構成します。

    セキュリティ

    セキュリティ プロファイルを構成します。

    認証

    認証を構成します。

    DNS およびルーティング

    必要な場合は、DNS 設定およびルート設定を構成します。

    その他

    ターゲットの環境で必要となる詳細設定やその他の設定 (ある場合) を構成します。

次のタスク

参照ホストから、その他すべてのターゲット ホストで使用するホスト プロファイルを作成します。『Host Profiles』 ドキュメントを参照してください。