vSphere 6.0 では、インストールおよびセットアップのさまざまなオプションが提供されます。vSphere を正しくデプロイするには、インストールとセットアップのオプションと、一連の作業について理解します。

vSphere の 2 つの主要なコンポーネントは、VMware ESXi® と VMware vCenter Server® です。ESXi は仮想化プラットフォームで、その上で仮想マシンおよび仮想アプライアンスを作成して実行します。vCenter Server は、ネットワークで接続されている ESXi ホストを統合管理するサービスです。vCenter Server では、複数のホストのリソースをリソース プールにまとめて管理できます。

vCenter Server を Windows 仮想マシンまたは物理サーバにインストールしたり、vCenter Server Appliance をデプロイしたりできます。vCenter Server Appliance は事前に構成された Linux ベースの仮想マシンであり、vCenter Server および vCenter Server コンポーネントの実行に最適化されています。ESXi ホスト 5.0 以降、または vCenter Server インスタンス 5.0 以降に vCenter Server Appliance をデプロイできます。

vSphere 6.0 から、vCenter Server および vCenter Server コンポーネントの実行の前提となるすべてのサービスが VMware Platform Services Controller にバンドルされています。vCenter Server と組み込みまたは外部 Platform Services Controller をデプロイできますが、必ず vCenter Server をインストールまたはデプロイする前に Platform Services Controller をインストールまたはデプロイする必要があります。