vCenter ServerPlatform Services Controller を、異なる仮想マシンまたは物理サーバにインストールすることができます。

Platform Services ControllervCenter Server を分離し、異なる仮想マシンまたは物理サーバにインストールされるようにすることができます。まず、Platform Services Controller をインストールし、次に vCenter ServervCenter Server のコンポーネントを別の仮想マシンまたは物理マシンにインストールして、vCenter ServerPlatform Services Controller に接続します。多くの vCenter Server インスタンスを 1 つの Platform Services Controller に接続できます。

重要:

vCenter Server インスタンスと Platform Services Controller の同時インストールは、サポートされていません。Platform Services ControllervCenter Server を順番にインストールする必要があります。

図 1. 外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server
Platform Services Controller は、1 つの仮想マシンまたは物理サーバにインストールし、その Platform Services Controller に登録されている vCenter Server インスタンスは別の仮想マシンまたは物理サーバにインストールします。

組み込み Platform Services Controller を使用する vCenter Server をデプロイしたら、トポロジを再構成して、外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server に切り替えることができます。これは一方向のプロセスで、後で組み込み Platform Services Controller を使用する vCenter Server に戻すことはできません。vCenter Server インスタンスは、同じドメイン内のインフラストラクチャ データをレプリケートするように構成された外部 Platform Services Controller にのみ再ポイントできます。

重要:

外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server をインストールする前に、vSphere ネットワーク上のクロックを同期します。Platform Services ControllervCenter Server をインストールする仮想マシンまたは物理サーバ間の時間不一致により、デプロイが失敗する可能性があります。vSphere ネットワークのクロックの同期方法については、vSphere ネットワーク上の時計の同期を参照してください。