外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server をインストールするには、まず、Windows 用の Platform Services Controller をインストールします。Platform Services Controller には、vCenter Single Sign-On やライセンス サービスなどの共通サービスが含まれており、複数の vCenter Server インスタンス間で共有することができます。

始める前に

  • システムがソフトウェアおよびハードウェアの最小要件を満たしていることを確認します。

  • vCenter Server のインストーラをダウンロードします。

  • 既存の vCenter Single Sign-On ドメインに新しい Platform Services Controller インストールを追加する場合は、ドメイン内のすべての Platform Services Controller インスタンスがインストールする Platform Services Controller インスタンスと同じアップデートまたはパッチ 6.0 バージョンであることを確認します。Platform Services Controller Windows インストールまたはアプライアンスをアップグレード、更新、およびパッチ適用する方法については、vSphere のアップグレード のドキュメントを参照してください。

このタスクについて

多くの Platform Services Controller をインストールし、同じ vCenter Single Sign-On ドメインに参加させることができます。複数の Platform Services Controller の同時インストールはサポートされていません。Platform Services Controller は、順番にインストールする必要があります。

重要:

VMCA 署名付き証明書を CA 署名付き証明書で置き換える場合は、まず Platform Services Controller をインストールし、次に VMCA を証明書チェーンに組み込み、VMCA からチェーン全体によって署名された新しい証明書を生成します。続いて、vCenter Server をインストールできます。vCenter Server の証明書の管理の詳細については、『vSphere セキュリティ』ドキュメントを参照してください。

手順

  1. ソフトウェアのインストール ディレクトリで autorun.exe ファイルをダブルクリックし、インストーラーを起動します。
  2. vCenter Server for Windows を選択して、インストール をクリックします。
  3. インストール ウィザードのプロンプトに従い、[ようこそ] ページを確認して使用許諾契約書に同意します。
  4. Platform Services Controller を選択し、次へ をクリックします。
  5. システム名、できれば FQDN を入力して、次へ をクリックします。

    IP アドレスを入力することもできます。IP アドレスを入力する場合は、固定 IP アドレスを指定します。

    重要:

    Platform Services Controller のシステム名として FQDN または IP アドレスを入力する場合は、その FQDN または IP アドレスが変更されないことを確認してください。ホストマシンの FQDN または IP アドレスが変更される場合は、Platform Services Controller とそこに登録されている vCenter Server を再インストールする必要があります。Platform Services Controller の FQDN または IP アドレスは、Platform Services Controller のホスト マシンの SSL 証明書を生成するために使用されます。

  6. 新しい vCenter Single Sign-On ドメインを作成するか、既存のドメインに参加します。

    オプション

    説明

    Single Sign-On ドメインの新規作成

    新しい vCenter Single Sign-On サーバを作成します。

    1. ドメイン名(vsphere.local など)を入力します。

    2. vCenter Single Sign-On 管理者アカウントのパスワードを設定します。

      これは、ユーザー administrator@your_domain_name のパスワードです。your_domain_name は、vCenter Single Sign-On によって作成される新しいドメインです。インストール後、adminstrator@your_domain_name として、vCenter Single Sign-On および vCenter Server にログインできます。

    3. vCenter Single Sign-On のサイト名を入力します。

      複数の場所で vCenter Single Sign-On を使用している場合は、サイト名が重要になります。vCenter Single Sign-On サイトの独自の名前を選択します。インストール後は、名前を変更できません。

      サポートされる文字は、英数字とダッシュ (-) です。

    既存の Platform Services Controller の Single Sign-On ドメインへの参加

    新しい vCenter Single Sign-On サーバを、既存の Platform Services Controller の vCenter Single Sign-On ドメインに参加させます。新しい vCenter Single Sign-On サーバを参加させる vCenter Single Sign-On サーバに関する情報を指定する必要があります。

    1. 参加先の vCenter Single Sign-On サーバを含む Platform Services Controller の完全修飾名 (FQDN) または IP アドレスを入力します。

    2. Platform Services Controller との通信に使用する HTTPS ポートを入力します。

    3. vCenter Single Sign-On 管理者アカウントのパスワードを入力します。

    4. 次へをクリックします。

    5. リモート マシンによって送信された証明書を承認します。

    6. vCenter Single Sign-On サイトを作成するのか、または既存のサイトに参加するのかを選択します。

    既存の vCenter Single Sign-On ドメインへの参加を選択した場合は、拡張リンク モード機能を有効にします。Platform Services Controller は、参加した vCenter Single Sign-On サーバからインフラストラクチャ データをレプリケートします。

  7. 次へをクリックします。
  8. コンポーネントごとに、デフォルトのポート番号をそのまま使用するか、別のサービスでデフォルトのポート番号が使用されている場合は別のポート番号を入力して、次へ をクリックします。

    ポート 80 と 443 が空いていて専用になっており、vCenter Single Sign-on でこれらのポートを使用できるようになっていることを確認します。そうなっていない場合、インストール時にはカスタム ポートが使用されます。

  9. (オプション) : デフォルトのインストール先フォルダを変更して、次へ をクリックします。
    重要:

    感嘆符 (!) で終わるフォルダは使用しないでください。

  10. [VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP)] ページを参照し、プログラムへの参加を希望するかどうかを選択します。

    CEIP の詳細については、『vCenter Server およびホスト管理』の「カスタマ エクスペリエンス改善プログラムの構成」セクションを参照してください。

  11. インストール設定の概要を確認して、インストール をクリックします。
  12. インストールが完了したら、終了 をクリックします。

タスクの結果

Platform Services Controller がインストールされます。

次のタスク

別の Windows 仮想マシンまたは物理サーバに vCenter Server をインストールし、その Platform Services ControllervCenter Server および vCenter Server のコンポーネントを登録します。