イメージ プロファイルのクローンを作成して編集することで、カスタム イメージを作成できます。既存のプロファイルには、1 つ以上の VIB を追加したり置き換えることができます。VIB の追加や置き換えによって、イメージ プロファイルが正常に機能しない可能性がある場合は、エラーが発生します。

始める前に

  • vSphere PowerCLI および前提となるソフトウェアがインストールされています。vSphere ESXi Image Builder および前提となるソフトウェアのインストール を参照してください。

  • 基本のイメージと 1 つ以上の VIB を含むデポにアクセスできます。VMware および VMware パートナーは、URL でアクセスできるパブリックなデポを提供します。VMware または VMware パートナーは、ローカル環境にダウンロードし、ファイル パスを使用してアクセスできる、ZIP ファイルを作成することができます。

手順

  1. vSphere PowerCLI セッションで、使用するデポごとに、Add-EsxSoftwareDepot cmdlet を実行します。

    オプション

    アクション

    リモート デポ

    Add-EsxSoftwareDepot -DepotUrl depot_url を実行します。

    ZIP ファイル

    1. ZIP ファイルをローカル ファイル システムにダウンロードします。

    2. Add-EsxSoftwareDepot -DepotUrl C:\file_path\offline-bundle.zip を実行します。

    この cmdlet は、1 つ以上の SoftwareDepot オブジェクトを返します。

  2. パイプラインを使用して、編集するイメージ プロファイルを format-list に渡し、詳細情報を参照します。

    この例に示す イメージ プロファイルの新規作成のワークフロー で作成されたイメージ プロファイルには、基本のイメージのみが格納されます。新しく作成されたイメージ プロファイルは、デポには含まれません。代わりに、名前で、または変数にバインドして、新しいイメージ プロファイルにアクセスします。

    Get-EsxImageProfile "Test #2" | format-list

    PowerShell は情報を返します。

    Name            : Test #2
    Vendor	      : Vendor42...VibList	      : {esx-base 5.0.0.-...,}
  3. (オプション) : 追加する VIB の許容レベルがイメージ プロファイルのレベルよりも低い場合は、イメージ プロファイルの許容レベルを変更します。
    Set-EsxImageProfile -ImageProfile "Test #2" -AcceptanceLevel VMwareAccepted 
    			 

    PowerShell は、変更されたプロファイルに関する情報を表形式で返します。

    Name           Vendor           Last Modified       Acceptance Level----           ------           -------------       ----------------Test #2        Vendor42         9/22/2010 12:05:... VMwareAccepted
  4. イメージ プロファイルにソフトウェア パッケージ (VIB) を追加します。パッケージは名前で追加できます。
    Add-EsxSoftwarePackage -ImageProfile "Test #2"
    				-SoftwarePackage NewPack3

    PowerShell は、イメージ プロファイルに関する情報を表形式で返します。

    Name           Vendor           Last Modified       Acceptance Level----           ------           -------------       ----------------Test #2        Vendor42         9/22/2010 12:05:... VMwareAccepted
    注:

    ソフトウェア パッケージを追加するときにエラーが発生した場合は、許容レベルで問題が起きることがあります。許容レベルの操作を参照してください。

  5. イメージ プロファイルを再び表示します。
    Get-EsxImageProfile "Test #2" | format-list

    新しいソフトウェア パッケージを含めるように VIB のリストが更新され、その情報が表示されます。

    Name            : Test #2
    Vendor	      : Vendor42...VibList	      : {esx-base 5.0.0.-..., NewPack3}

変数を使用した、イメージ プロファイルの編集

この cmdlet シーケンスはこのワークフローの手順を繰り返しますが、パラメータを名前で渡す代わりに、オブジェクト (変数内の位置によってアクセスされる) として渡します。次の cmdlet を vSphere PowerCLI プロンプトから順番に実行できます。

Add-EsxSoftwareDepot -DepotUrl depot_url
$ip2 = Get-EsxImageProfile -name "Test #2"
$ip2 | format-list
Set-EsxImageProfile -ImageProfile $ip2 -AcceptanceLevel VMwareAccepted
Add-EsxImageSoftwarePackage -ImageProfile $ip2 -SoftwarePackage NewPack3
$ip2 | format-list