Auto Deploy は、ホストをフォルダまたはクラスタに割り当てることができます。Auto Deploy は、ホストの起動時にそのホストを vCenter Server 上の指定された場所に追加します。クラスタに割り当てられたホストは、クラスタのホスト プロファイルを継承します。

始める前に

  • vSphere PowerCLI および前提となるすべてのソフトウェアをインストールします。

  • 選択したフォルダがデータセンター内またはクラスタ内に存在することを確認します。ホストはスタンドアロンの最上位のフォルダに割り当てることはできません。

手順

  1. Connect-VIServer vSphere PowerCLI cmdlet を実行して、Auto Deploy が登録されている vCenter Server システムに接続します。
    Connect-VIServer 192.XXX.X.XX

    この cmdlet はサーバ証明書の警告を返す場合があります。本番環境では、サーバ証明書の警告が表示されないことを確認します。開発環境では、この警告は無視できます。

  2. 特定の属性 (IP アドレスの範囲など) を持ったホストがフォルダまたはクラスタに割り当てられるルールを定義します。
    New-DeployRule -Name testrule3 -Item "my folder"	-Pattern "vendor=Acme,Zven", "ipv4=192.XXX.1.10-192.XXX.1.20"

    この例は、フォルダを名前で渡します。これ以外に、Get-FolderGet-Cluster、または Get-Datacenter cmdlet で取得するフォルダ、クラスタ、またはデータセンター オブジェクトを渡すこともできます。

  3. ルール セットにルールを追加します。
    Add-DeployRule testrule3

    デフォルトでは、作業ルール セットがアクティブなルール セットになります。また、ルール セットへのすべての変更は、ルールを追加した時にアクティブになります。NoActivate パラメータを使用すると、作業ルール セットはアクティブなルール セットになりません。

次のタスク

  • Auto Deploy によってすでにプロビジョニングされているホストを新しいフォルダまたはクラスタの場所に割り当てるには、コンプライアンスのテストと修復操作を実行します。ルールのコンプライアンスのテストおよび修復 を参照してください。

  • プロビジョニングされていないホストを起動し、指定された vCenter Server の場所にそれらのホストを追加します。