各 vCenter Single Sign-On サイト内に外部レプリケーション Platform Services Controller インスタンスを展開またはインストール後、すべての外部 Platform Services Controller インスタンスをレプリケーション関係に参加させる必要があります。

このタスクについて

図 1. 異なる vCenter Single Sign-On サイトでの 2 つの外部 Platform Services Controller インスタンス間のレプリケーション関係の構成例
異なる vCenter Single Sign-On サイトでの 2 つの外部 Platform Services Controller インスタンス間のレプリケーション関係の構成

表 1. 凡例

矢印または直線

説明

2 つの Platform Services Controller インスタンスの間のレプリケーション関係を表す青い両矢印

2 つの Platform Services Controller インスタンスの間のレプリケーション関係

外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server インスタンスの登録を表す緑の直線

外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server の登録

システムのある状態から別の状態への移行を表す青い大きな矢印

移行手順

2 つの Platform Services Controller インスタンス間のレプリケーション関係を構成するには、vCenter Server のいずれか、または vCenter Single Sign-On ドメインからの Platform Services Controller インスタンスのいずれかへの接続を使用できます。

手順

  1. vCenter Server または vCenter Single Sign-On ドメインからの Platform Services Controller インスタンスに接続します。

    オプション

    手順

    vCenter Server Appliance または Platform Services Controller アプライアンスに接続する場合

    アプライアンス Bash シェルに root としてログインします。

    1. アプライアンス シェルへのログイン

      • アプライアンス コンソールに直接アクセスできる場合は、Alt+F1 を押します。

      • リモート接続する場合は、SSH などのリモート コンソール接続を使用して、アプライアンスへのセッションを開始します。

    2. Bash シェルの有効化

      shell.set --enabled true
    3. shell コマンドを実行します。

    vCenter Server の Windows インストールまたは Platform Services Controller に接続する場合

    管理者として Windows マシンにログインし、Windows コマンド プロンプトを開きます。

  2. showpartners パラメータを使用し、1 つの外部 Platform Services Controller インスタンスに対して vdcrepadmin コマンドを実行します。

    vCenter Single Sign-On ドメイン内の Platform Services Controller インスタンスの他の Platform Services Controller インスタンスとの間の既存のパートナー関係を特定します。

    • vCenter Server Appliance または Platform Services Controller アプライアンスへの接続を使用している場合、次のコマンドを実行します。

      /usr/lib/vmware-vmdir/bin/vdcrepadmin -f showpartners -h psc_fqdn_or_static_ip -u administrator

    • vCenter Server の Windows インストールまたは Platform Services Controller への接続を使用している場合、次のコマンドを実行します。

      C:\Program Files\VMware\vCenter Server\vmware-vmdir\bin\vdcrepadmin -f showpartners -h psc_fqdn_or_static_ip -u administrator

    プロンプトが表示されたら、vCenter Single Sign-On 管理者パスワードを入力します。

  3. 各外部 Platform Services Controller インスタンスに対して、手順 2 を繰り返します。

    vCenter Single Sign-On ドメイン内のすべての Platform Services Controller インスタンス間の既存のパートナー関係を特定します。

  4. 別の外部 Platform Services Controller インスタンスとのレプリケーション関係に参加していない外部 Platform Services Controller インスタンスがある場合、createagreement パラメータを使用してこの Platform Services Controller インスタンスに対して vdcrepadmin コマンドを実行し、このインスタンスを別の外部 Platform Services Controller インスタンスに参加させます。
    • vCenter Server Appliance または Platform Services Controller アプライアンスへの接続を使用している場合、次のコマンドを実行します。

      /usr/lib/vmware-vmdir/bin/vdcrepadmin -f createagreement -2 -h psc_fqdn_or_static_ip -H partner_psc_fqdn_or_static_ip -u administrator

    • vCenter Server の Windows インストールまたは Platform Services Controller への接続を使用している場合、次のコマンドを実行します。

      C:\Program Files\VMware\vCenter Server\vmware-vmdir\bin\vdcrepadmin -f createagreement -2 -h psc_fqdn_or_static_ip -H partner_psc_fqdn_or_static_ip -u administrator

    プロンプトが表示されたら、vCenter Single Sign-On 管理者パスワードを入力します。

    2 つの Platform Services Controller インスタンス間のパートナー関係が作成されます。

  5. 別の外部 Platform Services Controller インスタンスとのレプリケーション関係に参加していない各外部 Platform Services Controller インスタンスに対し、手順 4 を繰り返します。
  6. 外部 Platform Services Controller インスタンスのリング パートナーシップ トポロジが構成されたことを確認するため、手順 2 から手順 3 を繰り返します。