vSphere PowerCLI cmdlet で作成したルールを使用して、Auto Deploy を管理します。

始める前に

  • Microsoft .NET 4.5 SP2 がインストールされていることを確認するか、または Microsoft の Web サイトからインストールします。

  • Windows PowerShell 3.0 がインストールされていることを確認するか、または Microsoft の Web サイトからインストールします。

このタスクについて

この概念実証設定では、vCenter Server システムと同じシステム上に vSphere PowerCLI がインストールされます。別の Windows システムに vSphere PowerCLI をインストールすることもできます。

手順

  1. vCenter Server がインストールされる Windows システムのコンソールに、管理者権限で直接に、または RDP を使用してログインします。
  2. 当社の Web サイトのダウンロード ページから vSphere PowerCLI をダウンロードし、vSphere PowerCLI ソフトウェアをインストールします。
  3. vSphere PowerCLI が機能していることを確認します。
    1. デスクトップの vSphere PowerCLI アイコンをダブルクリックして、vSphere PowerCLI ウィンドウを開きます。
    2. (オプション) : SSL エラーが表示された場合は、サムプリントを確認してエラーを無視し、Get-DeployCommand を実行して Enter を押します。

    vSphere PowerCLIvSphere PowerCLI ウィンドウに、cmdlet とその定義の一覧が表示されます。

次のタスク

  • Get-DeployCommand を実行しても cmdlet の一覧が表示されない場合は、vSphere PowerCLI のバージョンを確認し、必要に応じてアンインストールと再インストールを行ってください。

  • vSphere PowerCLI の背景情報については、Auto Deploy cmdlet の使用を参照してください。詳細については、『vSphere PowerCLI ユーザー ガイド』を参照してください。

  • Auto Deploy でプロビジョニングするホストを準備します。Auto Deploy のターゲット ホストの準備 を参照してください。