vCenter Server 管理者ユーザーの設定方法は、vCenter Single Sign-On のデプロイ状況によって異なります。

vSphere 5.1 よりも前の vSphere バージョンでは、vCenter Server 管理者は、ローカルのオペレーティング システムの管理者グループに属するユーザーになります。

vSphere 5.1.x、5.5、および 6.0 では、vCenter Server のインストール時に、デフォルト(初期) vCenter Server 管理者ユーザーまたはグループを設定する必要があります。vCenter Server および vCenter Single Sign-On が同じ仮想マシンまたは物理サーバにデプロイされる場合、ローカルのオペレーティング システムの「管理者」グループを vCenter Server 管理ユーザーとして指定できます。このオプションがデフォルトになります。この動作は vCenter Server 5.0 から変更されていません。

大規模なインストール環境で、vCenter Single Sign-OnPlatform Services Controller の一部で、vCenter Server が異なる仮想マシンまたは物理サーバにデプロイされている場合は、vCenter Server 5.0 の場合と同じ動作が保証されません。代わりに、Active Directory、OpenLDAP またはシステム ID ソースなどの vCenter Single Sign-On サーバに登録されている ID ソースからのユーザーまたはグループに vCenter Server 管理者ロールを割り当てます。