イメージ プロファイルを作成して vSphere PowerCLI セッションを終了すると、新しいセッションの開始時にはそのイメージ プロファイルを使用できなくなります。イメージ プロファイルをソフトウェア デポの ZIP ファイルにエクスポートして、そのデポを次のセッションで追加することができます。

始める前に

vSphere PowerCLI および前提となるすべてのソフトウェアをインストールします。vSphere ESXi Image Builder および前提となるソフトウェアのインストール を参照してください。

手順

  1. vSphere PowerCLI セッションで、たとえば既存のイメージ プロファイルのクローンを作成して VIB を追加することにより、イメージ プロファイルを作成します。
  2. ExportToBundle パラメータを指定して Export-EsxImageProfile を呼び出すことにより、イメージ プロファイルを ZIP ファイルにエクスポートします。
    Export-EsxImageProfile	-ImageProfile "my_profile" -ExportToBundle -FilePath
    				"C:\isos\temp-base-plus-vib25.zip"
  3. vSphere PowerCLI セッションを終了します。
  4. 新しい vSphere PowerCLI セッションを開始するときには、イメージ プロファイルを含むデポを追加してアクセスします。
    Add-EsxSoftwareDepot "C:\isos\temp-base-plus-vib25.zip"