ほとんどの場合、VMCA を使用して ESXi ホストを使用環境にプロビジョニングすることが最適な解決方法になります。企業のポリシーで、異なるルート CA のカスタム証明書を使用することが求められている場合は、証明書の更新時に VMCA 証明書を使用してホストが自動的にプロビジョニングされないように vCenter Server 詳細オプションを編集できます。その後、ユーザーが使用環境で証明書を管理します。

このタスクについて

vCenter Server 詳細設定を使用して、サムプリント モードまたはカスタム CA モードに変更できます。サムプリント モードは、フォールバック オプションとしてのみ使用します。

手順

  1. ホストを管理する vCenter Server を選択し、構成 をクリックします。
  2. 詳細設定 をクリックし、編集 をクリックします。
  3. [フィルタ] ボックスに、「certmgmt」と入力し、証明書管理キーのみを表示します。
  4. 独自の証明書を管理する場合は vpxd.certmgmt.mode の値を custom に変更し、一時的にサムプリント モードを使用する場合は thumbprint に変更して、OK をクリックします。
  5. vCenter Server サービスを再起動します。