Windows 上で vCenter Server または vCenter Single Sign-On をアプライアンスに移行するとき、インストーラは事前チェックを行い、ソース マシンに使用可能な容量が十分にあること、外部データベースがある場合には正常にアクセスできることなどを検証します。

ソース環境のチェック

vCenter Single Sign-On(バージョン 5.5)を移行すると、vCenter Single Sign-On は Platform Services Controller の一部に含まれます。

vCenter Server データベースにアクセスするためのサービス ユーザー アカウントで vCenter Server サービスを実行していて、別のアカウントで移行アシスタントを実行している場合、移行アシスタントのアカウントには「プロセス レベル トークンの置き換え」の権限が必要になります。

Pre-Migration Checker は、ソース環境で次の状況を確認します。

  • ネットワーク接続

  • 利用可能な内部および外部ポート

  • Windows マシン上の管理者権限

  • 入力するすべての認証情報

  • サポート対象の製品とバージョン

  • 移行アシスタントを起動するための管理者権限

  • 利用可能な移行アシスタントのポート

  • エクスポート ディレクトリの容量と権限の要件

  • システム名の有効性

  • インベントリ サイズの互換性

  • 外部の vCenter Single Sign-On のバージョン

  • vCenter Single Sign-On と vCenter Server 証明書の互換性

  • NTP サーバの有効性

ターゲット環境のチェック

Pre-Migration Checker は、ターゲット環境で次の状態を確認します。

  • ネットワーク接続

  • ターゲット vCenter Server の IP アドレス

  • プロセッサ最小要件

  • メモリ最小要件

  • ディスク容量最小要件

  • 選択したインストール ディレクトリおよびデータ ディレクトリのアクセス権

  • 利用可能な内部および外部ポート

  • ターゲット ホストの管理者権限

  • 入力するすべての認証情報