移行アシスタント ログ ファイルおよびステータス ファイルを使用して失敗した移行のトラブルシューティングを行うことができます。

このタスクについて

移行が失敗した場合、移行アシスタントはログ ファイル バンドルをデスクトップに生成します。

手順

  1. デスクトップ フォルダに移動し、VMware-MA-logs-time-of-migration-attempt.zip ファイルを開きます。time-of-migration-attempt には、移行を試行した年、月、日、時間、分、および秒が示されます。
  2. デスクトップの .zip ファイルからログ ファイルを取得します。
  3. 他のログ ファイルおよびステータス ファイルを取得します。
    表 1. ソース vCenter Server または vCenter Server Single Sign-On のログ ファイルおよびステータス ファイルの保存場所

    ファイル

    場所

    移行アシスタント ログ ファイル

    %temp%\migration-assistant.log

    事前チェック ログ ファイル

    %temp%\vcsMigration\UpgradeRunner.log

    事前チェック コンポーネント ログ ファイル

    %temp%\vcsMigration\CollectRequirements_ComponentName.log

    ログ ファイルのエクスポート

    %temp%\vcsMigration\UpgradeRunner.log

    コンポーネント ログ ファイルのエクスポート

    %temp%\vcsMigration\Export_ComponentName.log

    ステータス ファイル

    %temp%\UpgradeRunnerExportOutput.json

    表 2. ターゲット vCenter Server Appliance または Platform Services Controller のログ ファイルおよびステータス ファイルの保存場所

    ファイル

    場所

    ログ ファイル

    /var/log/vmware/upgrade/UpgradeRunner.log

    /var/log/vmware/upgrade/upgrade-requirements.log

    ドメイン参加ログ ファイル

    /tmp/lwidentity.join.log

    ログ ファイルのエクスポート

    /var/log/vmware/upgrade/UpgradeRunner.log

    /var/log/vmware/upgrade/upgrade-export.log

    初回起動コンポーネント ログ ファイル

    /var/log/firstboot/ComponentName-firstboot.py_##_stdout.log

    /var/log/firstboot/ComponentName-firstboot.py_##_stderr.log

    ログ ファイルのインポート

    /var/log/vmware/upgrade/UpgradeRunner.log

    /var/log/vmware/upgrade/upgrade-import.log

    事前チェック ステータス ファイル

    /var/log/vmware/upgrade/prechecks.json

    ステータス ファイルのエクスポート

    /var/log/vmware/upgrade/export.json

    初回起動ステータス ファイル

    /var/log/vmware/firstbootStatus.json

    ステータス ファイルのインポート

    /var/log/vmware/upgrade/import.json

次のタスク

ログ ファイルを調査して、障害の原因を特定します。