ソース vCenter Server または vCenter Single Sign-OnVMware Migration Assistant をコピーおよび実行して Windows からアプライアンスへ移行の準備を行います。

始める前に

  • vCenter Server Appliance のインストーラのダウンロード

  • vCenter Server データベースにアクセスするためのサービス ユーザー アカウントで vCenter Server サービスを実行していて、別のアカウントで移行アシスタントを実行している場合、移行アシスタントのアカウントには「プロセス レベル トークンの置き換え」の権限が必要になります。

このタスクについて

ソース vCenter Server または vCenter Single Sign-On 上で VMware Migration Assistant を使用して次を実行:

  1. ソース デプロイ タイプの検出。

  2. ソースでの事前チェックの実行。

  3. 移行開始前に解決する必要があるエラーのレポート。

  4. 移行プロセスの次の手順に関する情報の提供。

重要:

移行プロセスでは、移行アシスタント ウィンドウを開いた状態にしておくようにします。 移行アシスタントを閉じると、移行プロセスが停止します。

手順

  1. vCenter Server Appliance インストーラ パッケージの migration-assistant ディレクトリに移動し、migration-assistant フォルダをソース vCenter Server または vCenter Single Sign-On インスタンスにコピーします。
  2. 移行アシスタントを起動します。
    • VMware-Migration-Assistant.exe をダブルクリックします。

    • コマンド ラインから VMware-Migration-Assistant.exe --help を実行して、移行アシスタントを起動し [ヘルプ] オプションを表示します。

    VMware Migration Assistant が事前移行チェックを実行し、移行開始前に発見されたすべてのエラーの解決を求めるプロンプトを表示します。

  3. vCenter Server インスタンスの管理者権限を持つユーザー(たとえば、administrator@vsphere.local ユーザー)のユーザー名とパスワードを入力します。

タスクの結果

事前チェックが完了し、すべてのエラーが解決されると、ソース システムの移行準備が整います。

次のタスク

移行を開始するには、VMware Migration Assistant の指示に従います。

要確認:

移行が完了するまで移行アシスタント ウィンドウを開いたままにしておきます。