組み込みの vCenter Single Sign-On を使用する vCenter Server インスタンスを組み込みの Platform Services Controller アプライアンスを含む vCenter Server Appliance に移行できます。

このタスクについて

Windows 上の組み込みの vCenter Single Sign-On(バージョン 5.5)を使用する vCenter Server から、組み込みの Platform Services Controller アプライアンスを含む vCenter Server Appliance に移行すると、インストール環境全体が同時に移行されます。

vCenter Inventory Service、vSphere Web Client、vSphere Auto Deploy、または vSphere ESXi Dump Collector が、組み込みの vCenter Single Sign-On を使用するソース vCenter Server とは別のマシンにインストールされている場合、これらのコンポーネントはターゲット vCenter Server Appliance に移行されます。

図 1. 組み込みの vCenter Single Sign-On を使用する vCenter Server 5.5 の移行前と移行後
組み込みの vCenter Single Sign-On を使用する vCenter Server から vCenter Server Appliance への移行

重要:

GUI インストーラを実行するマシンへのログインに使用するユーザー名、vCenter Server Appliance インストーラへのパス、およびパスワードを含むユーザー固有の値は ASCII 文字のみを使用する必要があります。拡張 ASCII 文字および非 ASCII 文字はサポートされていません。

インストーラは以下を実行します。

  • 新しいターゲット アプライアンスを導入する。

  • ソース vCenter Server から必要なファイルをエクスポートする。

  • 必要なファイルを新しい vCenter Server Appliance にコピーする。

  • [サマリ] の指定に従い、新しい vCenter Server Appliance で移行のプロセスを実行する。

  • ソース vCenter Server インストールのファイルと設定を新しい vCenter Server Appliance にインポートおよび更新する。