resxtop ユーティリティは、vSphere CLI コマンドです。

vSphere CLI コマンドを使用するには、vSphere CLI パッケージをダウンロードしてインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) を ESXi ホストまたは vCenter Server システムにデプロイする必要があります。

設定が終わったら、コマンド ラインから resxtop を起動します。リモート接続の場合は、ホストに直接接続するか、vCenter Server を介して接続できます。

次の表に記述されているコマンドライン オプションは、esxtop と同じ (R オプションを除く) ですが、ほかにも接続オプションがあります。

注:

resxtop は、ほかの vSphere CLI コマンドと共有のオプションをすべて使用するわけではありません。

表 1. resxtop コマンドライン オプション

オプション

説明

[server]

接続先リモート ホストの名前 (必須)。ESXi ホストに直接接続する場合は、そのホストの名前を使用します。ESXi ホストへの接続が間接的である (つまり vCenter Server を介する) 場合は、このオプションに vCenter Server システムの名前を使用します。

[vihost]

vCenter Server を介して間接的に接続する場合、このオプションには接続先 ESXi ホストの名前が含まれている必要があります。ホストに直接接続する場合、このオプションは使用されません。ホスト名は、vSphere Web Client に表示されるものと同じである必要があります。

[portnumber]

リモート サーバ上での接続先ポート番号。デフォルト ポートは 443 です。 サーバで変更されていない場合、このオプションは不要です。

[username]

リモート ホストに接続するときに認証されるユーザー名。リモート サーバは、パスワードを入力するプロンプトも表示します。

resxtop はローカル ESXi ホスト上でも使用できます。その場合は、コマンド ラインで server オプションを省略します。このコマンドはデフォルトで localhost になります。