vmx.log.rotateSize パラメータでは、個々の仮想マシンのログ記録で、新しいログ ファイルに切り替わるときのログ ファイルのサイズを指定します。このパラメータを vmx.log.keepOld パラメータと併用すると、重要なログ情報を失うことなく、許容可能なログ ファイル サイズを保証できます。

始める前に

仮想マシンをパワーオフします。

このタスクについて

vmx.log.keepOld パラメータでは、最初のログ ファイルを上書きするまでに、ESXi ホストが保持する仮想マシンのログ ファイル インスタンスの数を設定します。vmx.log.keepOld のデフォルト値は 10 です。これは、VMotion などの複雑な操作のログを記録するのに適切な数です。vmx.log.rotateSize の値を変更するときは、この数を大幅に増やす必要があります。

この手順では、個々の仮想マシンで仮想マシンのローテーション サイズを変更する方法について説明します。

ホスト上のすべての仮想マシンのローテーション サイズを制限する場合は、/etc/vmware/config ファイルを編集します。vmx.log.KeepOld プロパティがファイルに定義されていない場合は、追加できます。PowerCLI スクリプトを使用すると、1 台のホストで選択されている仮想マシンについて、このパラメータを変更できます。

仮想マシンのログ ファイルだけでなく、すべてのログ ファイルに適用するには、log.rotateSize パラメータを使用できます。

vSphere Web Client または PowerCLI スクリプトを使用して、すべての仮想マシンの vmx.log.rotateSize の値を変更できます。

手順

  1. vSphere Web Client インベントリで仮想マシンを検索します。
    1. データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、またはホストを選択します。
    2. 関連オブジェクト タブで、仮想マシン をクリックします。
  2. 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 をクリックします。
  3. 仮想マシン オプション を選択します。
  4. 詳細 をクリックして、構成の編集... をクリックします。
  5. vmx.log.keepOld パラメータで指定した数より多くのログ ファイルがある場合は、ログ情報が新しいファイルまたは最初のログ ファイルに追加される前に、vmx.log.rotateSize パラメータの値を大きくするか、最大ファイル サイズに設定するように編集します。

    サイズ(バイト)を指定します。

  6. [OK] をクリックします。