すべての SNMP v3 エージェントには、エージェントの一意の識別子として機能するエンジン ID があります。エンジン ID は、ハッシュ機能によって、SNMP v3 メッセージの認証と暗号化のための鍵を生成するために使用されます。

始める前に

ESXCLI コマンドを使用して ESXi SNMP エージェントを構成します。ESXCLI の使用方法については、『vSphere コマンドライン インターフェイス スタート ガイド』を参照してください。

このタスクについて

エンジン ID を指定しない場合は、SNMP エージェントを有効にするときに自動的に生成されます。

vCLI を介して ESXCLI コマンドを実行する場合は、ターゲット ホストとログイン認証情報を指定する接続オプションを設定する必要があります。ESXi Shell を使用してホストで直接 ESXCLI コマンドを使用する場合は、接続オプションを指定せずにそのままコマンドを使用できます。接続オプションの詳細については、vSphere Command-Line Interface の例を参照してください。

手順

--engineid オプションを指定して esxcli system snmp set コマンドを実行し、SNMP エンジン ID を構成します。

たとえば、次のコマンドを実行します。

esxcli system snmp set --engineid id

ここで、id はエンジン ID であり、5 ~ 32 文字の 16 進文字列にする必要があります。