SNMP v3 は、オプションとして認証およびプライバシー プロトコルをサポートしています。

始める前に

ESXCLI コマンドを使用して ESXi SNMP エージェントを構成します。ESXCLI の使用方法については、『vSphere コマンドライン インターフェイス スタート ガイド』を参照してください。

このタスクについて

認証は、ユーザーの ID を確認するために使用します。プライバシーを使用すると、SNMP v3 メッセージを暗号化してデータの機密性を保証できます。これらのプロトコルには、セキュリティにコミュニティ文字列を使用する SNMP v1 および v2c より高レベルのセキュリティが備えられています。

認証およびプライバシーは、どちらもオプションです。ただし、プライバシーを有効にするには、認証を有効にする必要があります。

SNMP v3 の認証およびプライバシー プロトコルはライセンス供与されている vSphere 機能であり、一部の vSphere エディションでは使用できない可能性があります。

vCLI を介して ESXCLI コマンドを実行する場合は、ターゲット ホストとログイン認証情報を指定する接続オプションを設定する必要があります。ESXi Shell を使用してホストで直接 ESXCLI コマンドを使用する場合は、接続オプションを指定せずにそのままコマンドを使用できます。接続オプションの詳細については、vSphere Command-Line Interface の例を参照してください。

手順

  1. (オプション) : --authentication オプションを指定して esxcli system snmp set コマンドを実行し、認証を構成します。

    たとえば、次のコマンドを実行します。

    esxcli system snmp set --authentication protocol

    ここで protocol には、none (認証なし)、SHA1、または MD5 のいずれかを指定します。

  2. (オプション) : --privacy オプションを指定して esxcli system snmp set コマンドを実行し、プライバシーを構成します。

    たとえば、次のコマンドを実行します。

    esxcli system snmp set --privacy protocol

    ここで protocol には、none (プライバシーなし)または AES128 を指定します。