アラームが起動されたりアラームのステータスが変化したときに、システムで実行されるアクションを定義できます。アラームとアラーム アクションの有効化および無効化は個別に行うことができます。

始める前に

[アラーム定義ウィザード] の [アクション] ページに移動したことを確認します。アラーム設定の表示および編集 を参照してください。

必要な権限: アラーム > アラームの作成または アラーム > アラームの変更

このタスクについて

vCenter Server は、アラームが起動されると、アラーム アクションを実行します。

手順

  1. 変更するアクションを選択するか、[追加] アイコンをクリックしてアクションを追加します。
  2. アクション」列をクリックして、ドロップダウン メニューからオプションを選択します。
  3. 設定」列をクリックし、追加情報を必要とするアクションの構成情報を入力します。

    オプション

    Action

    通知 E メールを送信する

    E メール アドレスをコンマで区切りながら入力します。

    仮想マシンの移行

    [仮想マシンの移行] ウィザードを完了します。

    コマンドの実行

    次のいずれかの操作を行い、Enter を押します。

    • コマンドが .exe ファイルの場合、コマンドのフル パス名とパラメータを入力する。たとえば、alarmName および targetName パラメータを使用して、C:\tools ディレクトリで cmd.exe コマンドを実行するには、次のように入力します。c:\tools\cmd.exe alarmName targetName

    • コマンドが .bat ファイルの場合は、コマンドのフル パス名を c:\windows\system32\cmd.exe コマンドの引数として入力する。パラメータを入力します。たとえば、alarmName および targetName パラメータを使用して C:\tools ディレクトリの cmd.bat コマンドを実行する場合は、次のように入力します。c:\windows\system32\cmd.exe /c c:\tools\cmd.bat alarmName targetName

      .bat ファイルの場合、コマンドとそのパラメータは 1 つの文字列書式にする必要があります。

  4. (オプション) : 「アラーム ステータス変更」列ごとに、アラームのステータスが変化したときにアラームを起動する必要があるかどうかを選択します。

    一部のアクションではアラームのステータス変更時の再起動がサポートされていません。

  5. 繰り返されるアクションの場合は、繰り返しの時間間隔を選択します。
  6. 終了 をクリックします。

タスクの結果

以上でアラーム全般設定、トリガー、アクションの設定が完了しました。アラームは定義されたオブジェクトと子オブジェクトを監視します。