他のユーザーが環境内で実行した操作によって生じた最近のタスクとアラームをライブ更新するように vSphere Web Client を構成できます。

このタスクについて

vSphere Web Client で、他のユーザーによって起動されたタスクとそれらのタスクによって生じたアラームが表示されるのは、仕様では、vSphere Web Client が手動で更新されたときのみです。他のユーザーによって起動されたタスクを表示したり、他のユーザーのアクションによって生成されたアラームを監視する必要がある場合は、次の手順を実行します。

手順

  1. vSphere Web Client がインストールされているコンピュータで、webclient.properties ファイルを探します。

    このファイルの場所は、vSphere Web Client がインストールされているオペレーティング システムによって異なります。

    オペレーティング システム

    ファイルのパス

    Windows

    C:\ProgramData\VMware\vCenterServer\cfg\vsphere-client\webclient.properties

    vCenter Server Appliance

    /etc/vmware/vsphere-client/webclient.properties

  2. webclient.properties ファイルを開き、次の構成行を追加して、保存します。
    live.updates.enabled=true
    

    vSphere Web Client で、最近のタスクとアラームのライブ更新が有効になります。

  3. vSphere Web Client からログアウトします。
  4. https://hostname:9443/vsphere-client/ を使用して、vSphere Web Client にログインします。

    hostname は、vCenter Server システムが実行されているホストの名前または IP アドレスを表します。

    https://hostname/vsphere-client/ を使用して vSphere Web Client にログインすると、vSphere Web Client の [最近のタスク] または [アラーム] ポートレットにそれぞれ、最近のタスクまたはアラームが表示されません。

タスクの結果

複数の vCenter Server システムが同一の vCenter Server Single Sign-On ドメインに接続されている環境では、ライブ更新するように構成された vSphere Web Client に、ドメイン内のすべての vCenter Server インスタンスの最近のタスクとアラームが表示されます。ただし、異なる vSphere Web Client にログインすると、vCenter Server Single Sign-On ドメイン内のどの vCenter Server システムについても、最近のタスクまたはアラームのライブ更新が表示されなくなります。

次の例では、2 つの vCenter Server インスタンス(A と B)が同じ vCenter Server Single Sign-On ドメインに接続しています。各 vCenter Server インスタンスに、vSphere Web Client インスタンスがインストールされています。

https://hostnameA/vsphere-client/ を使用して、vSphere Web Client A にログインします。

https://hostnameB/vsphere-client/ を使用して、vSphere Web Client B にログインします。

vSphere Web Client A で最近のタスクとアラームのライブ更新を有効にして、ログアウトします。

次のような結果になります。

  • https://hostnameA/vsphere-client/ から vSphere Web Client A にログインします。[最近のタスク] または [アラーム] ポートレットにそれぞれ、最近のタスクまたはアラームは表示されません。

  • https://hostnameA:9443/vsphere-client/ から vSphere Web Client A にログインします。vCenter Server Single-Sign On ドメイン内の両方の vCenter Server システム上で現在操作を実行しているすべてのユーザーについて、最近のタスクとアラームのライブ更新が表示されます。

  • https://hostnameB/vsphere-client/ から vSphere Web Client B にログインします。vCenter Server システム A または vCenter Server システム B 上で実行する操作についてのみ、最近のタスクとアラームが表示されます。vSphere Web Client B を手動で更新すると初めて、vCenter Server システム A および vCenter Server システム B で他のユーザーによって実行された操作の結果生じた最新のタスクとアラームが表示されます。