2 番目のノードにハード ディスクを追加する場合、最初のノードのクォーラム ディスクと共有ストレージ ディスク (ある場合) をディスクに指定します。この構成にすると、クラスタリングされたサービスおよびデータへの共有アクセスが可能です。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、新規に作成した仮想マシンを選択し、設定の編集 を右クリックして選択します。
  2. 新規デバイス ドロップダウン メニューをクリックして、RDM ディスク を選択し、追加 をクリックします。
  3. 物理マシンで使用されている LUN を選択します。
  4. データストアを選択します。これは、起動ディスクがある場所でもあります。
  5. 互換性モードとして 物理 を選択します。
  6. 新規ハード ディスク を展開します。仮想デバイス ノード ドロップダウン メニューから新しい SCSI コントローラ (たとえば SCSI (1:0)) を選択します。
    注:

    新しい仮想デバイス ノードを選択する必要があります。SCSI 0 は使用できません。

  7. OK をクリックします。

    ウィザードで新しいハード ディスクを作成します。

  8. 新規仮想マシン - 設定の編集 ダイアログ ボックスで、SCSI コントローラ を展開し、タイプの変更 ドロップダウン メニューを選択します。
  9. オペレーティング システムに応じて、適切なコントローラ タイプを選択します。

    オペレーティング システム

    コントローラのタイプ

    Windows Server 2003

    LSI Logic パラレル

    Windows Server 2008

    LSI Logic SAS

  10. OK をクリックします。
  11. 新規仮想マシン - 設定の編集 ダイアログ ボックスで、SCSI コントローラ を展開し、SCSI バスの共有 ドロップダウン メニューを選択します。SCSI バスの共有を 仮想 に設定し、OK をクリックします。