クラスタリングされたサービスおよびデータへの共有アクセスを可能にするには、2 番目のノードのクォーラム ディスクに、最初のノードのクォーラム ディスクと同じ場所を指定します。共有ストレージ ディスクに、最初のノードの共有ストレージ ディスクと同じ場所を指定します。

始める前に

開始する前に、次の情報を取得します。

  • 最初の仮想マシンの共有ストレージ ディスクの仮想デバイス ノードがどちらであるか (SCSI (1:0) など)。

  • 最初のノード用に指定したクォーラム ディスクの場所。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、新規に作成した仮想マシンを選択して右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. 新規デバイス ドロップダウン メニューをクリックして、既存のハードディスク を選択し、追加 をクリックします。
  3. ディスク ファイルのパスで、最初のノード用に指定したクォーラム ディスクの場所を参照します。
  4. 互換モードとして 物理 を選択し、次へ をクリックします。
  5. 最初の仮想マシンの共有ストレージ ディスク用に同じ仮想デバイス ノード (たとえば SCSI (1:0)) を選択し、OK をクリックします。
    注:

    この仮想マシンの共有ストレージの仮想デバイス ノードの場所は、最初の仮想マシンに対応する仮想デバイス ノードと同じである必要があります。

  6. OK をクリックします。

    ウィザードで新しいハード ディスクを作成します。

  7. 新規仮想マシン - 設定の編集 ダイアログ ボックスで、SCSI コントローラ を展開し、タイプの変更 ドロップダウン メニューを選択します。
  8. オペレーティング システムに応じて、適切なコントローラ タイプを選択します。

    オペレーティング システム

    コントローラのタイプ

    Windows Server 2003 SP1 および SP2

    LSI Logic パラレル

    Windows Server 2008 SP2 以降

    LSI Logic SAS

    サポートしているゲスト OS については、表 4 を参照してください。

  9. OK をクリックします。
  10. SCSI バスの共有を 物理 に設定し、OK をクリックします。