vSphere 標準スイッチでポート グループを作成して、仮想マシンの接続および共通のネットワーク構成を提供します。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. ホストを右クリックし、ネットワークの追加 を選択します。
  3. 接続タイプの選択 で、標準スイッチの仮想マシンのポート グループ を選択し、次へ をクリックします。
  4. ターゲット デバイスの選択 で、既存の標準スイッチを選択するか、新しい標準スイッチを作成します。
  5. 新しいポート グループが既存の標準スイッチ向けの場合は、そのスイッチまで移動します。
    1. 参照 をクリックします。
    2. リストから標準スイッチを選択し、OK をクリックします。
    3. 次へ をクリックし、8 に進みます。
  6. (オプション) : [標準スイッチの作成] ページで、物理ネットワーク アダプタを標準スイッチに割り当てます。

    アダプタの指定の有無に関わらず、標準スイッチを作成できます。

    物理ネットワーク アダプタなしで標準スイッチを作成すると、そのスイッチ上のすべてのトラフィックはそのスイッチに限定されます。物理ネットワーク上のほかのホストや、ほかの標準スイッチ上の仮想マシンが、この標準スイッチを介してトラフィックを送受信することはできません。グループ内の仮想マシンが互いに通信できるようにして、ほかのホストやグループ外の仮想マシンとは通信できないようにするには、物理ネットワーク アダプタなしで標準スイッチを作成します。

    1. アダプタの追加 をクリックします。
    2. ネットワーク アダプタ リストからアダプタを選択します。
    3. フェイルオーバーの順序グループ ドロップダウン メニューを使ってアダプタをアクティブ アダプタ、スタンバイ アダプタ、または未使用アダプタに割り当て、OK をクリックします。
    4. (オプション) : 必要に応じて、割り当てられたアダプタ リストで上矢印と下矢印を使用してアダプタの位置を変更します。
    5. 次へ をクリックします。
  7. [接続設定] ページでは、グループのポートによってトラフィックを識別します。
    1. ポート グループの ネットワーク ラベル を入力するか、生成されたラベルを受け入れます。
    2. ポート グループでの VLAN 処理を構成するために、VLAN ID を設定します。

      VLAN ID は、ポート グループでの VLAN タギング モードも反映します。

      VLAN タギング モード

      VLAN ID

      説明

      外部スイッチ タギング(EST)

      0

      仮想スイッチは、VLAN に関連付けられたトラフィックは渡しません。

      仮想スイッチ タギング(VST)

      1 から 4094 へ

      仮想スイッチでは、入力したタグがトラフィックにタグ付けされます。

      仮想ゲスト タギング(VGT)

      4095

      仮想マシンは VLAN を処理します。仮想スイッチは、すべての VLAN からのトラフィックを渡します。

    3. 次へ をクリックします。
  8. [終了準備の完了] ページでポート グループ設定を確認し、終了 をクリックします。

    設定を変更するには、戻る をクリックします。