仮想マシンのジャンボ フレーム サポートを有効にするには、その仮想マシンの拡張 VMXNET アダプタが必要です。

手順

  1. vSphere Web Client で仮想マシンを探します。
    1. データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、またはホストを選択し、関連オブジェクト タブをクリックします。
    2. 仮想マシン をクリックしてリストから仮想マシンを選択します。
  2. 仮想マシンの 管理 タブで、設定 > 仮想マシンのハードウェア を選択します。
  3. 編集 をクリックし、仮想ハードウェア タブをクリックします。
  4. 仮想ハードウェア セクションをクリックして、ネットワーク アダプタ セクションを展開します。ネットワーク アダプタが使用しているネットワーク設定および MAC アドレスを記録します。
  5. 削除 をクリックして、仮想マシンからネットワーク アダプタを削除します。
  6. 新しいデバイス ドロップダウン メニューから、ネットワーク を選択し、追加 をクリックします。
  7. アダプタ タイプ ドロップダウン メニューから、VMXNET 2 (拡張) または VMXNET 3 を選択します。
  8. 削除したネットワーク アダプタと同じネットワーク設定を使用します。
  9. MAC アドレス手動 に設定し、削除したネットワーク アドレスで使用していた MAC アドレスを入力します。
  10. OK をクリックします。

次のタスク

  • ジャンボ フレーム対応の標準スイッチまたは Distributed Switch に拡張 VMXNET アダプタが接続されていることを確認します。

  • ゲスト OS 内で、ジャンボ フレームを使用できるようにネットワーク アダプタを構成します。ゲスト OS のドキュメントを参照してください。

  • ジャンボ フレームをサポートするように、この仮想マシンが接続するすべての物理スイッチおよび物理マシンまたは仮想マシンを構成します。