分散ポート グループの構成をファイルにエクスポートできます。構成には有効なネットワーク構成が保存され、その構成をほかの導入環境に分散させることができます。

このタスクについて

この機能は vSphere Web Client 5.1 以降でのみ使用できます。ただし、vSphere Web Client 5.1 以降を使用すれば、どのバージョンの分散ポートからも設定をエクスポートできます。

手順

  1. vSphere Web Client で分散ポート グループを探します。
    1. Distributed Switch を選択し、関連オブジェクト タブをクリックします。
    2. 分散ポート グループ をクリックします。
  2. 分散ポート グループを右クリックし、構成のエクスポート を選択します。
  3. (オプション) : この構成に関する説明を 説明 フィールドに入力します。
  4. OK をクリックします。

    はい をクリックして構成ファイルをローカル システムに保存します。

タスクの結果

これで、選択した分散ポート グループのすべての設定を含む構成ファイルを作成できました。このファイルを使用して同じ構成のコピーを既存の導入環境に複数作成したり、既存の分散ポート グループの設定を上書きしたりして、選択した設定に合わせることができます。

次のタスク

エクスポートした構成ファイルを次のタスクに使用できます。