vSphere Distributed Switch で Network I/O Control バージョン 2 を使用している場合は、分散ポートをユーザー定義のリソース プールに明確に関連付けると、Network I/O Control を使用して、ポートに接続された仮想マシンに提供されるバンド幅を制御できます。

始める前に

手順

  1. vSphere Web Client で、Distributed Switch に移動します。
  2. 管理 タブで、ポート をクリックします。
  3. リストからポートを選択して、分散ポート設定を編集します をクリックします。
  4. プロパティ を選択します。
  5. [ネットワーク リソース プール] で オーバーライド チェック ボックスをクリックして、ドロップダウン メニューからネットワーク リソース プールをポートに割り当てます。

    リソース割り当てポリシーのポートレベルのオーバーライドを有効にしていない場合は、オプションは無効になっています。

    • 分散ポートをリソース プールに関連付けるには、ユーザー定義のリソース プールを選択します。

    • 分散ポートとリソース プールの関連付けを削除するには、デフォルト を選択します。

  6. OK をクリックします。