pktcap-uw ユーティリティを使用して、ESXi ホストのネットワーク スタックをトラバースしているパケットの内容を検査します。

パケット キャプチャ用 pktcap-uw 構文

pktcap-uw コマンドには、ネットワーク スタックの特定の場所でパケットをキャプチャするために次の構文があります。

pktcap-uw
				switch_port_arguments
				capture_point_options
				filter_options
				output_control_options
注:

pktcap-uw ユーティリティの特定のオプションは、VMware の内部使用のためにのみ設計されており、VMware テクニカル サポートの監視下でのみ使用すべきものです。これらのオプションは、『vSphere ネットワーク』ガイドでは説明されていません。

表 1. パケット キャプチャ用 pktcap-uw 引数

引数グループ

引数

説明

switch_port_arguments

--uplink vmnicX

物理アダプタに関連するパケットをキャプチャします。

--uplink オプションと --capture オプションを組み合わせて、物理アダプタと仮想スイッチの間のパス上の特定の場所でパケットを監視できます。

物理アダプタに達するパケットのキャプチャ を参照してください。

--vmk vmkX

VMKernel アダプタに関連するパケットをキャプチャします。

vmk オプションと --capture オプションを組み合わせて、VMkernel アダプタと仮想スイッチの間のパス上の特定の場所でパケットを監視できます。

VMkernel アダプタのパケットのキャプチャ を参照してください。

--switchport {vmxnet3_port_ID | vmkernel_adapter_port_ID}

特定の仮想スイッチ ポートに接続した VMXNET3 仮想マシンアダプタまたは VMkernel アダプタに関連するパケットをキャプチャします。esxtop ユーティリティのネットワーク パネルにあるポートの ID を表示できます。

switchport オプションと capture オプションを組み合わせて、VMXNET3 アダプタまたは VMkernel アダプタと仮想スイッチの間のパス上の特定の場所でパケットを監視できます。

VMXNET3 仮想マシン アダプタのパケットのキャプチャ を参照してください。

--lifID lif_ID

分散ルータの論理インターフェイスに関連するパケットをキャプチャします。『VMware NSX』ドキュメントを参照してください。

capture_point_options

--capture capture_point

ネットワーク スタックの特定の場所でパケットをキャプチャします。たとえば、物理アダプタから到達した直後のパケットを監視することができます。

--dir {0|1}

仮想スイッチについて、フローの方向に基づいてパケットをキャプチャします。

0 は受信トラフィック、1 は送信トラフィックを表します。

デフォルトでは、pktcap-uw ユーティリティは入力側トラフィックをキャプチャします。

--dir オプションは、--uplink オプション、--vmk オプション、または --switchport オプションと一緒に使用します。

--stage {0|1}

パケットをソースの近くまたはターゲットの近くでキャプチャします。このオプションは、スタック内のポイントをトラバースするうちにパッケージがどのように変化するかを調べるために使用します。

0 はソースに近いトラフィック、1 はターゲットに近いトラフィックを表します。

--stage オプションは、--uplink オプション、--vmk オプション、--switchport オプション、または --dvfilter オプションと一緒に使用します。

--dvfilter filter_name --capture PreDVFilter|PostDVFilter

vSphere Network Appliance (DVFilter) に遮断される前または後のパケットをキャプチャします。DVFilter レベルでのパケットのキャプチャ を参照してください。

-A | --availpoints

pktcap-uw ユーティリティがサポートするすべてのキャプチャ ポイントを表示します。

pktcap-uw ユーティリティのキャプチャ ポイントの詳細については、pktcap-uw ユーティリティのポイントのキャプチャを参照してください。

filter_options

ソース アドレス、ターゲット アドレス、VLAN ID、VXLAN ID、Layer 3 プロトコル、TCP ポートを基にキャプチャしたパケットをフィルタリングします。パケット フィルタ用 pktcap-uw オプション を参照してください。

output_control_options

パケットの内容のファイル保存、数パケットのみのキャプチャ、パケットの最初の数バイトのみのキャプチャなど。出力制御用 pktcap-uw オプション を参照してください。

縦線 (|) は、代替値を表します。また、縦線を囲む中括弧 ({}) は、引数またはオプションの選択肢のリストを指定しています。