vSphere Web Client を使用することにより、標準スイッチ ポート グループの名前と VLAN ID を編集し、ポート グループ レベルでネットワーク ポリシーをオーバーライドすることができます。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. 管理 タブで ネットワーク をクリックし、仮想スイッチ を選択します。
  3. リストから標準スイッチを選択します。

    スイッチのトポロジ ダイアグラムが表示されます。

  4. スイッチのトポロジ ダイアグラムで、ポート グループの名前をクリックします。
  5. トポロジ ダイアグラムのタイトルの下で、編集 をクリックします。
  6. プロパティ セクションの ネットワーク ラベル テキスト フィールドで、ポート グループの名前を変更します。
  7. VLAN ID ドロップダウン メニューで、VLAN タグ付けを構成します。

    VLAN タギング モード

    VLAN ID

    説明

    外部スイッチ タギング(EST)

    0

    仮想スイッチは、VLAN に関連付けられたトラフィックは渡しません。

    仮想スイッチ タギング(VST)

    1 から 4094 へ

    仮想スイッチでは、入力したタグがトラフィックにタグ付けされます。

    仮想ゲスト タギング(VGT)

    4095

    仮想マシンは VLAN を処理します。仮想スイッチは、すべての VLAN からのトラフィックを渡します。

  8. セキュリティ セクションでは、MAC アドレスのなりすましに対する保護および無差別モードでの仮想マシンの実行に関するスイッチ設定をオーバーライドします。
  9. トラフィック シェーピング セクションでは、平均およびピークの帯域幅サイズとバースト サイズをポート グループ レベルでオーバーライドします。
  10. チーミングおよびフェイルオーバー セクションでは、標準スイッチから継承されたチーミングとフェイルオーバーの設定をオーバーライドします。

    ポート グループに関連付けられている物理アダプタ間でのトラフィックの配分および経路の再設定を構成できます。また、障害時にホストの物理アダプタが使用される順番を変更できます。

  11. OK をクリックします。