Network I/O Control をバージョン 3 に変換せずに vSphere Distributed Switch をバージョン 6.0.0 にアップグレードしている場合、Network I/O Control をアップグレードすれば、システム トラフィックおよび個々の仮想マシンへのバンド幅割り当ての拡張モデルを使用できます。

始める前に

  • vSphere Distributed Switch のバージョンが 6.0.0 であることを確認します。

  • Distributed Switch の Network I/O Control 機能がバージョン 2 であることを確認します。

  • スイッチの分散ポート グループに対する dvPort グループ > 変更権限があることを確認します。

  • スイッチのすべてのホストが vCenter Server に接続されていることを確認します。

このタスクについて

Network I/O Control バージョン 2 をバージョン 3 にアップグレードすると、バージョン 2 で定義されている既存のすべてのシステム ネットワーク リソース プールの設定が、システム トラフィックのシェア、予約、および制限の構造に変換されます。デフォルトでは、変換されたすべてのシステム トラフィック タイプの予約は設定されません。

バージョン 3 への Distributed Switch のアップグレードは、無停止で行うことはできません。Network I/O Control バージョン 2 でのみ使用できる特定の機能は、バージョン 3 へのアップグレード時に削除されます。

表 1. Network I/O Control バージョン 3 へのアップグレード時に削除される機能

アップグレード時に削除される機能

説明

ユーザー定義ネットワーク リソース プール(それらの間のすべての関連付けを含む)および既存の分散ポート グループ

ユーザー定義ネットワーク リソース プールのシェアを個々のネットワーク アダプタのシェアに転送することで、特定のリソース割り当て設定を保持できます。そのため、Network I/O Control バージョン 3 にアップグレードする前に、アップグレードが Network I/O Control バージョン 2 の仮想マシン用に構成されたバンド幅割り当てに大きな影響を与えないことを確認してください。

ポートとユーザー定義ネットワーク リソース プール間の既存の関連付け

Network I/O Control バージョン 3 では、親ポート グループに割り当てられたプールとは異なるネットワーク リソース プールに個々の分散ポートを関連付けることはできません。Network I/O Control バージョン 3 は、バージョン 2 とは異なり、ポート レベルでリソース割り当てポリシーをオーバーライドすることはできません。

ネットワーク リソース プールに関連付けられているトラフィックの CoS のタグ付け

Network I/O Control バージョン 3 では、QoS 要求の高いトラフィックを CoS タグでマークできません。アップグレード後に、ユーザー定義ネットワーク リソース プールに関連付けられているトラフィックの CoS のタグ付けをリストアするには、トラフィックのフィルタリングとマーキングのネットワーク ポリシーを使用します。分散ポート グループまたはアップリンク ポート グループ上のトラフィックのマーキング および分散ポートまたはアップリンク ポート上のトラフィックのマーキング を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client で、Distributed Switch に移動します。
  2. アクション メニューから、アップグレード > Network I/O Control をアップグレードします を選択します。

    Network I/O Control をアップグレードします ウィザードが表示されます。

  3. (オプション) : [概要] ページで、スイッチ構成のバックアップを作成します。

    アップグレードに失敗した場合、バックアップを使用して、スイッチ構成をリストアできます。

  4. アップグレードによる変更を確認し、次へ をクリックします。
  5. Distributed Switch がアップグレードの検証の前提条件を満たしていることを確認し、次へ をクリックします。

    前提条件

    説明

    ポート グループのアクセシビリティ

    スイッチのアップリンク ポート グループおよび分散ポート グループにアクセスし、変更を行う権限がある。

    ホストの状態

    スイッチのすべてのホストが vCenter Server に接続されている。

    システム トラフィックの CoS 優先順位タグ

    Distributed Switch に、CoS タグが割り当てられているネットワーク リソース プールがない。

    ユーザー定義のネットワーク リソース プール

    Distributed Switch に、仮想マシンのバンド幅を制御するユーザー定義ネットワーク リソース プールがない。

    リソース割り当てポリシーのオーバーライド

    スイッチの分散ポート グループで、個々のポートの Network I/O Control ポリシーのオーバーライドが許可されていない。

  6. Distributed Switch にユーザー定義リソース プールが含まれている場合、バージョン 2 のユーザー定義リソース プールのシェアをバージョン 3 の個々の仮想マシン ネットワーク アダプタのシェアに転送し、次へ をクリックします。

    シェアを転送すると、仮想マシンの特定のバンド幅割り当て設定を保持できます。

    注:

    ユーザー定義ネットワーク リソース プールの制限は変換時に保持されません。

  7. アップグレード設定を確認して、終了 をクリックします。

次のタスク