ホストの物理アダプタでハードウェア LRO がサポートされていない場合、VMXNET3 アダプタの VMkernel バックエンドのソフトウェア LRO を使用して、仮想マシンのネットワーク パフォーマンスを向上させます。

始める前に

このタスクについて

vSphere 5.5 以降では、IPv4 パケットと IPv6 パケットの両方でソフトウェア LRO がサポートされています。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. 管理 タブで、設定 をクリックします。
  3. [システム] セクションを展開し、システムの詳細設定 をクリックします。
  4. VMXNET3 アダプタの Net.Vmxnet3SwLRO パラメータの値を編集します。
    • ソフトウェア LRO を有効にするには、Net.Vmxnet3SwLRO を 1 に設定します。

    • ソフトウェア LRO を無効にするには、Net.Vmxnet3SwLRO を 0 に設定します。

  5. OK をクリックして変更内容を保存します。