vSphere の IPv6 サポートを使用して、大きいアドレス スペース、拡張マルチキャスティング、簡略化された経路設定などを持つ lPv6 ネットワークでホストを機能させることができます。

このタスクについて

ESXi 5.1 以降のリリースでは、IPv6 はデフォルトで有効になっています。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. 管理 タブで、ネットワーク をクリックし、詳細 を選択します。
  3. 編集 をクリックします。
  4. IPv6 サポート ドロップダウン メニューから、IPv6 のサポートを有効または無効にします。
  5. OK をクリックします。
  6. ホストを再起動して、IPv6 サポートへの変更内容を適用します。

次のタスク

管理ネットワークなど、ホストの VMkernel アダプタの IPv6 設定を構成します。ESXi ホストでの IPv6 の設定 を参照してください。