vSphere 6.0 以降に基づく環境では、ノードや機能は、固定および自動のアドレス構成を透過的にサポートする IPv6 上で通信できます。

vSphere ノード間の通信での IPv6

vSphere デプロイのノードは、IPv6 を使用して通信し、ネットワーク構成に応じて、割り当てられたアドレスを受け入れることができます。

表 1. vSphere 環境内のノードの IPv6 サポート

接続タイプ

IPv6 サポート

vSphere ノードのアドレス構成

ESXi から ESXi

はい

  • 固定

  • 自動:DHCPv6

vCenter Server マシンから ESXi

はい

  • 固定

  • 自動:DHCPv6

vCenter Server マシンから vSphere Web Client マシンへ

はい

  • 固定

  • 自動:DHCPv6

ESXi から vSphere Client マシンへ

はい

  • 固定

  • 自動:DHCPv6

仮想マシンから仮想マシンへ

はい

  • 固定

  • 自動:DHCPv6

ESXi から iSCSI ストレージへ

はい

  • 固定

  • 自動:DHCPv6

ESXi から NFS ストレージへ

はい

  • 固定

  • 自動:DHCPv6

ESXi から Active Directory へ

なし

vCenter Server から LDAP を使用して、ESXi を Active Directory データベースに接続します

-

vCenter Server Appliance から Active Directory へ

なし

LDAP を使用して、vCenter Server Appliance を Active Directory データベースに接続します

-

vSphere 機能の IPv6 接続

以下の vSphere 機能は IPv6 をサポートしていません。

  • Auto Deploy

    Auto Deploy では、IPv6 を部分的にのみサポートしています。PXE ブートは IPv4 経由でのみ可能です。ただし、Auto Deploy サーバと ESXi ホストまたは vCenter Server 間の通信は、ピュア IPv6 環境で行われる場合があります。

  • Intelligent Platform Management Interface (IPMI) および Hewlett-Packard Integrated Lights-Out (iLO) 上の vSphere DPM。vSphere 6.0 は、ホストのスタンバイ モードを終了させるために Wake-On-LAN (WOL) のみサポートしています。

  • Virtual Volumes

  • Virtual SAN

  • Authentication Proxy

  • Kerberos と併用した NFS 4.1 ストレージ

    NFS 4.1 と AUTH_SYS を使用してください。

  • Active Directory に接続された vSphere Management Assistant および vSphere Command-Line Interface。

    LDAP を使用して、vSphere Management Assistant または vSphere Command-Line Interface を Active Directory データベースに接続してください。

仮想マシンの IPv6 接続

仮想マシンは IPv6 を使用したネットワークでデータを交換できます。vSphere では、仮想マシンに対する IPv6 アドレスの固定割り当てと自動割り当ての両方をサポートしています。

仮想マシンのゲスト OS をカスタマイズする場合、1 つ以上の IPv6 アドレスを構成することもできます。

FQDN と IPv6 アドレス

vSphere では、DNS サーバ上の IPv6 アドレスにマップされている完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用する必要があります。IPv6 アドレスは、逆引き用に DNS サーバ上に有効な FQDN がある場合に使用できます。

vCenter Server をピュア IPv6 環境にデプロイする場合は、FQDN のみを使用する必要があります。