仮想 LAN (VLAN)は、単一の物理 LAN セグメントをさらに分離して、ポート グループが物理的に別々のセグメントにあるかのように、互いに分離できます。

vSphere で VLAN を使用するメリット

vSphere 環境での VLAN 構成には、特定のメリットがあります。

  • ESXi ホストを既存の VLAN トポロジに統合します。

  • ネットワーク トラフィックを分離して保護します。

  • ネットワーク トラフィックの輻輳が軽減します。

vSphere 環境に VLAN を導入するメリットと主要原則に関するビデオをご覧ください。

VLAN タギング モード

vSphere は、ESXi で 3 つの VLAN タギング モード(外部スイッチ タギング (EST)、仮想スイッチ タギング (VST)、仮想ゲスト タギング (VGT))をサポートします。

タギング モード

スイッチ ポート グループでの VLAN ID

説明

EST

0

物理スイッチで VLAN タギングが実行されます。ホストのネットワーク アダプタは、物理スイッチのアクセス ポートに接続します。

VST

1 ~ 4094 の範囲内

パケットがホストから送信される前に、仮想スイッチで VLAN タギングが実行されます。ホストのネットワーク アダプタは、物理スイッチのトランク ポートに接続されている必要があります。

VGT

  • 標準スイッチの場合は 4095

  • Distributed Switch の場合は VLAN の範囲および個々の VLAN

仮想マシンで VLAN タギングが実行されます。仮想スイッチは、仮想マシンのネットワーク スタックと外部スイッチの間でパケットを転送するときに、VLAN タグを保持します。ホストのネットワーク アダプタは、物理スイッチのトランク ポートに接続されている必要があります。

vSphere Distributed Switch では、VGT の変更がサポートされています。セキュリティ上の理由から、Distributed Switch は、特定の VLAN に所属するパケットを渡すようにしか構成できません。

注:

VGT を使用する場合は、802.1Q VLAN トランク ドライバが仮想マシンのゲスト OS にインストールされている必要があります。

仮想スイッチでの VLAN タギングのモードについて説明するビデオをご覧ください。