続けてポート ミラーリング セッションを作成するには、新しいポート ミラーリング セッションのソースとトラフィック方向を選択します。

このタスクについて

ソースとターゲットを設定しないでポート ミラーリング セッションを作成できます。ソースとターゲットが設定されていない場合、ミラーリング パスなしでポート ミラーリング セッションが作成されます。これによって、正しいプロパティでポート ミラーリング セッションを作成することができます。プロパティが設定されたら、ポートのミラーリング セッションを編集してソースとターゲット情報を追加できます。

手順

  1. ミラーリングするトラフィック ソースとトラフィック方向を選択します。

    選択したポート ミラーリング セッションのタイプによって、構成で利用できるオプションは異なります。

    オプション

    説明

    リストから既存のポートを追加

    分散ポートの選択をクリックします。既存ポートのリストがダイアログ ボックスに表示されます。分散ポートの横にあるチェック ボックスをオンにして、OK をクリックします。分散ポートは複数選択できます。

    ポート番号で既存のポートを追加

    分散ポートの追加をクリックし、ポート番号を入力して OK をクリックします。

    トラフィックの方向を設定

    ポートを追加したら、リストでポートを選択し、入力側、出力側、または入力側/出力側ボタンをクリックします。[トラフィック方向] 列に選択した内容が表示されます。

    ソース VLAN を指定

    セッション タイプとしてリモート ミラーリング ターゲットを選択した場合、ソース VLAN を指定する必要があります。追加 をクリックして VLAN ID を追加します。上矢印キーと下矢印キーを使って ID を編集するか、フィールドをクリックして手動で VLAN ID を入力します。

  2. 次へ をクリックします。