データセンターで vSphere Distributed Switch を作成し、同時に複数のホストのネットワーク構成を一元的に処理できます。

手順

  1. vSphere Web Client で、データセンターに移動します。
  2. ナビゲータでデータセンターを右クリックし、Distributed Switch > 新しい Distributed Switch を選択します。
  3. 名前と場所 で、新しい Distributed Switch の名前を入力するか、生成された名前を受け入れて、次へ をクリックします。
  4. バージョンの選択 で、Distributed Switch のバージョンを選択し、次へ をクリックします。

    オプション

    説明

    Distributed Switch: 6.0.0

    ESXi 6.0 以降と互換性があります。

    Distributed Switch: 5.5.0

    ESXi 5.5 以降と互換性があります。それ以降の vSphere distributed switch のバージョンでリリースされた機能はサポートされていません。

    Distributed Switch: 5.1.0

    VMware ESXi 5.1 以降と互換性があります。それ以降の vSphere distributed switch のバージョンでリリースされた機能はサポートされていません。

    Distributed Switch: 5.0.0

    VMware ESXi 5.0 以降と互換性があります。

    それ以降の vSphere distributed switch のバージョンでリリースされた機能はサポートされていません。

  5. 設定の編集 で、Distributed Switch の設定を構成します。
    1. 矢印ボタンを使用して アップリンク数 を選択します。

      アップリンク ポートは、関連するホスト上の物理 NIC に Distributed Switch を接続します。アップリンク ポート数は、ホストごとに Distributed Switch への物理的な接続として許可されている最大の数です。

    2. ドロップダウン メニューを使用して、Network I/O Control を有効または無効にします。

      Network I/O Control を使用して、デプロイの要件に従い、特定のタイプのインフラストラクチャおよびワークロード トラフィックのネットワーク リソースへのアクセスに優先順位を付けることができます。Network I/O Control は、ネットワーク全体の I/O 負荷を継続的に監視し、使用可能なリソースを動的に割り当てます。

    3. デフォルトのポート グループの作成 チェック ボックスを選択して、このスイッチのデフォルト設定で新しい分散ポート グループを作成します。
    4. (オプション) : デフォルトの分散ポート グループを作成するには、ポート グループ名 にポート グループ名を入力するか、自動的に生成される名前をそのまま使用します。

      システムにカスタム ポート グループの要件がある場合、Distributed Switch を追加した後に、それらの要件を満たす分散ポート グループを作成します。

    5. 次へ をクリックします。
  6. 終了準備の完了 で、選択した設定を確認し、終了 をクリックします。

    設定を変更するには、戻る ボタンを使用します。

タスクの結果

データセンターで Distributed Switch が作成されます。新しい Distributed Switch に移動して、サマリ タブをクリックすると、Distributed Switch でサポートされる機能とその他の詳細を表示できます。

次のタスク

Distributed Switch にホストを追加し、そのスイッチにネットワーク アダプタを構成します。