ホスト、仮想マシンがネットワークに接続できるようにしたり、VMkernel トラフィックを処理したりするために、vSphere 標準スイッチを作成します。作成する接続タイプに応じて、VMkernel アダプタを備えた新しい vSphere 標準スイッチを作成したり、新しいスイッチに物理ネットワーク アダプタのみを接続したり、仮想マシンのポート グループがあるスイッチを作成したりすることができます。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. 管理ネットワーク を選択し、仮想スイッチ を選択します。
  3. ホスト ネットワークの追加 をクリックします。
  4. 新しい標準スイッチを使用する際の接続タイプを選択して、次へ をクリックします。

    オプション

    説明

    VMkernel ネットワーク アダプタ

    ホスト管理トラフィック、vMotion、ネットワーク ストレージ、フォールト トレランス、Virtual SAN トラフィックを処理する新しい VMkernel アダプタを作成します。

    物理ネットワーク アダプタ

    既存または新しい標準スイッチに、物理ネットワーク アダプタを追加します。

    標準スイッチの仮想マシンのポート グループ

    仮想マシン ネットワーク用に新しいポート グループを作成します。

  5. 新しい標準スイッチ を選択して 次へ をクリックします。
  6. 新しい標準スイッチに物理ネットワーク アダプタを追加します。
    1. [割り当てられたアダプタ] で、アダプタを追加 をクリックします。
    2. リストから 1 つ以上の物理ネットワーク アダプタを選択します。
    3. フェイルオーバーの順序グループ ドロップダウン メニューで、フェイルオーバー リストから [アクティブ] または [スタンバイ] を選択します。

      スループットの向上と冗長性の実現のために、アクティブ リストの 2 つ以上の物理ネットワーク アダプタを構成します。

    4. OK をクリックします。
  7. VMkernel アダプタまたは仮想マシンのポート グループがある新しい標準スイッチを作成する場合は、アダプタまたはポート グループの接続設定を入力します。

    オプション

    説明

    VMkernel アダプタ

    1. VMkernel アダプタのトラフィック タイプを示すラベル(たとえば vMotion)を入力します。

    2. VMkernel アダプタのネットワーク トラフィックで使用する VLAN を表す VLAN ID を設定します。

    3. IPv4、IPv6、またはその両方を選択します。

    4. TCP/IP スタックを選択します。VMkernel アダプタに TCP/IP スタックを設定した後で、その設定を変更することはできません。vMotion またはプロビジョニング TCP/IP スタックを選択する場合、このスタックのみを使用して、ホストの vMotion またはプロビジョニング トラフィックを処理できるようになります。

    5. デフォルトの TCP/IP スタックを使用する場合は、使用可能なサービスから選択します。

    6. IPv4 および IPv6 設定を構成します。

    仮想マシンのポート グループ

    1. ネットワーク ラベルまたはポート グループを入力するか、生成されたラベルをそのまま使用します。

    2. ポート グループでの VLAN 処理を構成するための VLAN ID を設定します。

  8. [終了準備の完了] ページで OK をクリックします。

次のタスク

  • 新しい標準スイッチのチーミングおよびフェイルオーバー ポリシーの変更が必要になる場合があります。たとえば、ホストが物理スイッチの Etherchannel に接続されている場合は、ロード バランシング アルゴリズムとして IP ハッシュに基づいたルートを使用して、vSphere 標準スイッチを構成する必要があります。詳細についてはチーミングおよびフェイルオーバー ポリシーを参照してください。

  • 仮想マシン ネットワーク用にポートグループのある新しい標準スイッチを作成する場合は、仮想マシンをポート グループに接続します。