IPv6 で ESXi ホストを管理ネットワーク、vSphere vMotion、共有ストレージ、vSphere Fault Tolerance などに接続するには、ホスト上の VMkernel アダプタの IPv6 設定を編集します。

始める前に

ESXi ホストで IPv6 が有効になっていることを確認します。ホストでの IPv6 サポートの有効化または無効化 を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. 管理ネットワーク を選択し、VMkernel アダプタ を選択します。
  3. 対象の Distributed Switch または標準スイッチ上の VMkernel アダプタを選択し、編集 をクリックします。
  4. [設定の編集] ダイアログ ボックスで、IPv6 設定 をクリックします。
  5. VMkernel アダプタのアドレス割り当てを構成します。

    IPv6 アドレスのオプション

    説明

    DHCP を使用して IPv6 アドレスを自動的に取得

    DHCPv6 サーバから VMkernel アダプタの IPv6 アドレスを受信します。

    ルータのアドバタイズを使用して IPv6 アドレスを自動的に取得

    ルータのアドバタイズを使用してルータから VMkernel アダプタの IPv6 アドレスを受信します。

    固定 IPv6 アドレス

    1 つ以上のアドレスを設定します。アドレス エントリごとに、アダプタの IPv6 アドレス、サブネット プリフィックスの長さ、およびデフォルト ゲートウェイの IPv6 アドレスを入力します。

    ネットワークの構成に応じて、複数の割り当てオプションを選択できます。

  6. (オプション) : IPv6 設定ページの [詳細設定] セクションから、ルータのアドバタイズを使用して割り当てられている特定の IPv6 アドレスを削除します。

    必要に応じて、ルータのアドバタイズを使用してホストで取得された特定の IPv6 アドレスを削除し、そのアドレスでの通信を停止することができます。また、自動的に割り当てられたアドレスをすべて削除し、構成した固定アドレスを VMkernel に適用することもできます。

  7. OK をクリックして、VMkernel アダプタに対する変更を適用します。