インストールまたはアップグレードされた vCenter Server およびアップグレードされた ESXi から成る vSphere 6.0 の IPv4 デプロイでは、デプロイ ノードで IPv6 を有効にしてそれらを再接続することで、ESXi および vCenter Server をピュア IPv6 の管理接続用に構成します。

始める前に

  • ESXi ホスト、vCenter Server、および外部データベース(使用している場合)の IPv6 接続がネットワーク インフラストラクチャで提供されていることを確認します。

  • vCenter ServerESXi ホスト、および外部データベース(使用している場合)の IPv6 アドレスが DNS サーバ上の完全修飾ドメイン名 (FQDN) にマップされていることを確認します。

  • バージョン 6.0 の vCenter Server がインストールまたはアップグレードされていることを確認します。『vSphere のインストールとセットアップ』および『vSphere のアップグレード』ドキュメントを参照してください。

  • すべてのホストがバージョン 6.0 の ESXi にアップグレードされていることを確認します。『vSphere のアップグレード』ドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client で、vCenter Server からホストを切断します。
  2. ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイス (DCUI) で、各 ESXi ホストをピュア IPv6 ノードとして構成します。
    1. DCUI で、F2 キーを押し、ホストにログインします。
    2. 管理ネットワークの構成 メニューから、IPv6 構成 を選択し、Enter キーを押します。
    3. IPv6 アドレスをホストに割り当てます。

      アドレス割り当てのオプション

      説明

      DHCPv6 を使用した自動アドレス割り当て

      1. 動的 IPv6 アドレスおよびネットワーク構成を使用 オプションを選択し、DHCPv6 を使用 を選択します。

      2. Enter キーを押して変更を保存します。

      固定アドレス割り当て

      1. 固定 IPv6 アドレスおよびネットワーク構成を設定 オプションを選択し、ホストの IPv6 アドレスおよびデフォルト ゲートウェイを入力します。

      2. Enter キーを押して変更を保存します。

    4. 管理ネットワークの構成 メニューから、IPv4 構成 を選択し、Enter キーを押します。
    5. 管理ネットワークの IPv4 構成を無効化 を選択し、Enter キーを押します。
  3. vCenter Server で外部データベースを使用している場合は、そのデータベースを IPv6 ノードとして構成します。
  4. vCenter Server をピュア IPv6 ノードとして構成し、再起動します。
  5. データベース サーバで IPv4 を無効にします。
  6. vSphere Web Client で、ホストをインベントリに追加します。
  7. ネットワーク インフラストラクチャで IPv4 を無効にします。