vSphere Distributed Switch を使用して vSphere 環境のネットワークを管理するには、ホストをスイッチに関連付ける必要があります。ホストの物理 NIC、VMkernel アダプタ、仮想マシン ネットワーク アダプタを Distributed Switch に接続します。

始める前に

  • スイッチに接続する物理 NIC に割り当てるための十分なアップリンクが Distributed Switch で使用可能であることを確認します。

  • Distributed Switch に、少なくとも 1 つの分散ポート グループがあることを確認します。

  • 分散ポート グループのチーミングおよびフェイルオーバー ポリシーで、アクティブなアップリンクが構成されていることを確認します。

iSCSI 用の VMkernel アダプタを移行または作成する場合は、ターゲット分散ポート グループのチーミングおよびフェイルオーバー ポリシーで iSCSI の要件を満たしていることを確認します。

  • 1 つのアップリンクのみがアクティブで、スタンバイ リストは空であり、残りのアップリンクが未使用であることを確認します。

  • ホストごとに 1 つの物理 NIC のみがアクティブ アップリンクに割り当てられていることを確認します。

手順

  1. vSphere Web Client で、Distributed Switch に移動します。
  2. アクション メニューから、ホストの追加と管理 を選択します。
  3. ホストの追加 を選択し、次へ をクリックします。
  4. 新規ホスト をクリックし、データセンターのホストから選択して、OK をクリックします。
  5. Distributed Switch にネットワーク アダプタを構成するタスクを選択し、次へ をクリックします。
  6. Distributed Switch で、物理 NIC を構成します。
    1. [他のスイッチ上/未要求] リストから、物理 NIC を選択します。

      他のスイッチにすでに接続されている物理 NIC を選択した場合、その物理 NIC は現在の Distributed Switch に移行されます。

    2. アップリンクの割り当て をクリックします。
    3. アップリンクを選択し、OK をクリックします。

    ネットワーク構成の整合性を保つため、すべてのホストで 1 つの同じ物理 NIC を Distributed Switch の同じアップリンクに接続できます。

    たとえば、2 つのホストを追加している場合、各ホストの vmnic1 を Distributed Switch の Uplink1 に接続します。

  7. 次へ をクリックします。
  8. VMkernel アダプタを構成します。
    1. VMkernel アダプタを選択し、ポート グループの割り当て をクリックします。
    2. 分散ポート グループを選択し、OK をクリックします。
  9. 影響を受けたサービスならびに影響のレベルを確認します。

    オプション

    説明

    影響ありません

    iSCSI は、新しいネットワーク構成の適用後も通常の機能を維持します。

    重要な影響

    新しいネットワーク構成が適用されると、iSCSI の通常の機能が停止する場合があります。

    影響度:最重要

    新しいネットワーク構成が適用されると、iSCSI の通常の機能が中断されます。

    1. iSCSI への影響が重要または非常に重大である場合は、iSCSI エントリをクリックし、[分析の詳細] ペインに表示される原因を確認してください。
    2. iSCSI での影響のトラブルシューティングを行ったら、ネットワーク構成を続行します。
  10. 次へ をクリックします。
  11. 仮想マシンのネットワークを構成します。
    1. 仮想マシンのすべてのネットワーク アダプタを分散ポート グループに接続するには、仮想マシンを選択するか、個々のネットワーク アダプタを選択して、そのアダプタのみに接続します。
    2. ポート グループの割り当て をクリックします。
    3. リストから分散ポート グループを選択し、OK をクリックします。
  12. 次へ をクリックし、終了 をクリックします。

次のタスク

Distributed Switch にホストが関連付けられたので、物理 NIC、VMkernel アダプタ、仮想マシン ネットワーク アダプタを管理できます。