分散ポート グループ名、ポート設定、ネットワーク リソース プールなど、一般的な分散ポート グループ設定を編集できます。

手順

  1. vSphere Web Client で分散ポート グループを探します。
    1. Distributed Switch を選択し、関連オブジェクト タブをクリックします。
    2. 分散ポート グループ をクリックします。
  2. 分散ポート グループを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  3. 全般 を選択して分散ポート グループの次の設定を編集します。

    オプション

    説明

    名前

    分散ポート グループの名前。テキスト フィールドで名前を編集できます。

    ポート バインド

    この分散ポート グループに接続された仮想マシンにポートを割り当てるときに選択します。

    • 静的バインド: 仮想マシンが分散ポート グループに接続されるときに仮想マシンにポートを割り当てます。

    • 動的バインド: 仮想マシンが分散ポート グループに接続されたあと、初めてパワーオンされるときに仮想マシンにポートを割り当てます。動的バインドは、ESXi 5.0 から廃止されています。

    • 短期: ポートのバインドを行いません。ホストに接続されている場合でも、短期のポート バインドで仮想マシンを分散ポート グループに割り当てることができます。

    ポートの割り当て

    • 弾性:デフォルトのポート数は 8 個に設定されています。すべてのポートが割り当てられたら、新しい 8 組のポートが作成されます。これはデフォルトです。

    • 固定: デフォルトのポート数は 8 個に設定されています。すべてのポートが割り当てられたら、追加のポートは作成されません。

    ポート数

    分散ポート グループのポート数を入力します。

    ネットワーク リソース プール

    ドロップダウン メニューを使用して、ユーザー設定のネットワーク リソース プールに分散ポート グループを割り当てます。ネットワーク リソース プールを作成していない場合、このメニューは空です。

    説明

    説明フィールドに分散ポート グループに関する情報を入力します。

  4. OK をクリックします。