ホストのスワップ ファイルの場所を構成して、vSphere Web Client 内の仮想マシン スワップ ファイルのデフォルトの場所を指定します。

始める前に

必要な権限: ホスト マシン > 構成 > ストレージ パーティション構成

このタスクについて

デフォルトでは、仮想マシンのスワップファイルは、ほかの仮想マシン ファイルを含むフォルダのデータストアにあります。ただし、ホストを設定して、代わりのデータストアに仮想マシンのスワップ ファイルを入れることができます。

この方法を使用して、低コスト ストレージまたは高パフォーマンス ストレージに仮想マシンのスワップ ファイルを入れることができます。このホスト レベルの設定は、各仮想マシンごとにオーバーライドすることもできます。

スワップ ファイルの場所としてデフォルトとは異なる場所を設定すると、vMotion での移行が完了するまでにかかる時間がより長くなる可能性があります。vMotion のパフォーマンスを高めるために、仮想マシンを仮想マシンのスワップ ファイルと同じディレクトリではなく、ローカル データストアに格納してください。仮想マシンがローカル データストアに格納されている場合、その他の仮想マシン ファイルとともにスワップ ファイルを格納しても、vMotion のパフォーマンスは向上しません。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストを参照して移動します。
  2. 管理 タブを選択して、設定 をクリックします。
  3. [仮想マシン] の スワップ ファイルの場所 をクリックします。

    選択したスワップ ファイルの場所が表示されます。選択されているホストでスワップ ファイルの場所の構成がサポートされていない場合は、この機能がサポートされていないことがこのタブに表示されます。

    ホストがクラスタに属し、クラスタ設定でスワップ ファイルを仮想マシンと同じディレクトリに格納することが指定されている場合は、ホストの 管理 タブでスワップ ファイルの場所を編集できません。そのようなホストのスワップ ファイルの場所を変更するには、クラスタ設定を編集します。

  4. Edit をクリックします。
  5. スワップ ファイルを格納する場所を選択します。

    オプション

    説明

    仮想マシン ディレクトリ

    仮想マシン構成ファイルと同じディレクトリにスワップファイルを格納します。

    特定のデータストアを使用する

    指定した場所にスワップ ファイルを格納します。

    ホストが指定するデータストアにスワップファイルを格納できない場合、スワップファイルは仮想マシンと同じフォルダに格納されます。

  6. (オプション) : 特定のデータストアを使用 を選択した場合は、データストアをリストから選択します。
  7. OK をクリックします。

タスクの結果

仮想マシンのスワップ ファイルが、選択された場所に格納されます。