vSphere DPM 機能によって生成される電源状態 (ホストのパワーオンまたはオフ) の推奨には、優先順位 1 の推奨から優先順位 5 の推奨までの優先順位が割り当てられます。

これらの優先順位の評価は、DRS クラスタ内で検出された高いまたは低い使用率と、ホストの電源状態の意図的な変更から予想される改善の程度に基づいています。優先順位 1 の推奨は必須である一方、優先順位 5 の推奨はわずかな改善のみをもたらします。

しきい値は、クラスタの設定ダイアログ ボックスの 電力管理 で構成します。vSphere DPM しきい値のスライダを右へ 1 レベル移動するごとに、1 つ下のレベルの優先順位を、自動的に実行される推奨セットに含めたり、または手動で実行する推奨として表示したりできます。保守的設定では、vSphere DPM は優先順位 1 の推奨のみを作成し、その右にある次のレベルは、優先順位 2 以上の推奨を作成します。 以後、同様に作成し、積極的レベルは優先順位 5 以上の推奨 (つまり、すべての推奨) を作成します。

注:

DRS しきい値と vSphere DPM しきい値は、基本的に独立しています。ユーザーは移行の積極性と、そのそれぞれが提供するホストの電源状態の推奨を区別できます。