ホストの電力管理のためにカスタム ポリシーを使用する場合、ESXi では、電力管理ポリシーはいくつかの詳細設定パラメータの値に基づきます。

始める前に

電力管理ポリシーに カスタム を選択します。これは CPU 電力管理ポリシーの選択 に記載されているとおりです。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストを参照して移動します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [システム] の下で システムの詳細設定 を選択します。
  4. 右側のペインで、カスタム ポリシーに影響する電力管理パラメータを編集できます。

    カスタム ポリシーに影響する電力管理パラメータには、(カスタム ポリシー項目) で始まる説明が付けられています。その他すべての電力パラメータが、すべての電力管理ポリシーに影響します。

  5. パラメータを選択して [編集] ボタンをクリックします。
    注:

    デフォルトの電力管理パラメータの値は、バランシング済みポリシーとマッチします。

    パラメータ

    説明

    Power.UsePStates

    プロセッサが高負荷の状態のときに電力を抑えるには、ACPI P-states を使用します。

    Power.MaxCpuLoad

    指定したリアルタイムの割合を下回る高負荷の状態に CPU がある場合にのみ、CPU のパワーオンを抑えるには、P 状態を使用します。

    Power.MinFreqPct

    指定したフル CPU 速度の割合を下回る速度の P 状態を使用しません。

    Power.UseStallCtr

    キャッシュのミスなどのイベントを待機してプロセッサが頻繁に失速する場合に、ディープ度が高い P 状態を使用します。

    Power.TimerHz

    各 CPU がどの P 状態にあるべきかを ESXi が 1 秒間に再評価する回数を制御します。

    Power.UseCStates

    プロセッサがアイドル状態の場合に、ディープ度が高い ACPI C 状態 (C2 以下) を使用します。

    Power.CStateMaxLatency

    待ち時間がこの値を超えた場合に、C 状態を使用しません。

    Power.CStateResidencyCoef

    CPU がアイドル状態になったときに、待ち時間をこの値で乗算した値が、CPU がアイドル状態のままになる時間についてのホストの予測を下回る、ディープ度が最高の C 状態を選択します。より大きな値を指定するほど、ESXi は高いディープ度の C 状態の使用を控え、より低い値を指定するほど、より積極的に使用します。

    Power.CStatePredictionCoef

    アイドル状態になる CPU が、その後アイドル状態のままになる時間の予測についての ESXi アルゴリズムのパラメータです。この値の変更は推奨されません。

    Power.PerfBias

    パフォーマンス電力バイアス ヒント (内部のみ) です。Intel プロセッサ上の MSR を、Intel 推奨値に設定します。Intel の推奨値は、パフォーマンスを高くする場合に 0、バランスをとる場合に 6、低電力の場合に 15 です。その他の値は定義されていません。

  6. OK をクリックします。