ハイパースレッドを有効にするには、最初に使用するシステムの BIOS 設定でハイパースレッドを有効にし、vSphere Web Client でオンにする必要があります。ハイパースレッドは、デフォルトで有効になっています。

このタスクについて

使用している CPU がハイパースレッドをサポートしているかどうかを確認するには、システムのドキュメントを参照してください。

手順

  1. システムがハイパースレッド テクノロジーをサポートしていることを確認します。
  2. システムの BIOS でハイパースレッドを有効にします。

    メーカーによって、このオプションは 論理プロセッサ と呼ばれることもあれば、ハイパースレッディングの有効化 と呼ばれることもあります。

  3. ESXi のハイパースレッドが有効なことを確認します。
    1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストを参照して移動します。
    2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
    3. [システム] の [システムの詳細設定] をクリックし、[VMkernel.Boot.hyperthreading] を選択します。

      値が true ならば、ハイパースレッドは有効です。

  4. [ハードウェア] の [プロセッサ] をクリックして、論理プロセッサ数を表示します。

タスクの結果

ハイパースレッドが有効になりました。