リソース プールは、リソースを柔軟に管理するための論理上の抽象概念です。 リソース プールは階層にグループ化することができ、使用可能な CPU リソースとメモリ リソースを階層状にパーティショニングするために使用できます。

各スタンドアロン ホストと各 DRS クラスタには、(非表示の) ルート リソース プールがあり、そのホストまたはクラスタのリソースがグループ分けされています。 ホスト (またはクラスタ) のリソースとルート リソース プールのリソースは常に同じであるため、ルート リソース プールは表示されません。

ユーザーは、ルート リソース プールの子リソース プール、またはユーザーが作成した任意の子リソース プールの子リソース プールを作成できます。 それぞれの子リソース プールは、親のリソースの一部を保持し、これによって、連続した小さな単位のコンピュータ機能を表す子リソース プールの階層構造が形成されます。

リソース プールには、子リソース プール、仮想マシン、またはその両方を格納できます。 共有リソースの階層を形成できます。 より上位にあるリソース プールを親リソース プールと呼びます。 同じレベルにあるリソース プールと仮想マシンを兄弟と呼びます。 クラスタ自体は、ルート リソース プールを表します。 子リソース プールを作成しない場合は、ルート リソース プールだけが存在します。

次の例の RP-QA は、RP-QA-UI の親リソース プールです。 RP- マーケティングと RP-QA は兄弟です。 RP- マーケティングのすぐ下にある 3 台の仮想マシンも兄弟です。

図 1. リソース プール階層での親、子、および兄弟


リソース プールの階層を示した図

各リソース プールに対し、予約、制限、シェア、予約拡張の可否を指定します。 リソース プールのリソースは、その子リソース プールと仮想マシンからも使用できます。