ある DRS クラスタにホストを追加すると、ホストのリソースはクラスタのリソースの一部になります。このリソースの集約に加えて、DRS クラスタを使用すると、クラスタ全体のリソース プールをサポートし、クラスタ レベルのリソース割り当てポリシーを実施できます。

始める前に

クラスタを作成するのに特別なライセンスは必要ありませんが、クラスタで vSphere DRS (または vSphere HA) を有効にするにはライセンスが必要です。

このタスクについて

次のクラスタ レベルのリソース管理機能も使用できます。

ロード バランシング

クラスタ内にあるすべてのホストおよび仮想マシンの CPU およびメモリ リソースの配分と使用率を継続的に監視します。DRS は、これらのメトリックを、クラスタのリソース プールと仮想マシンの属性に設定すべき理想的なリソース使用率、現在の需要、および不均衡な移行先と比較します。次に、それに応じて仮想マシンへの移行を実行 (または推奨) します。仮想マシンの移行 を参照してください。クラスタ内ではじめて仮想マシンをパワーオンしたときに、DRS は仮想マシンを適切なホストに配置するか、推奨を行なって、適切なロード バランシングを維持しようとします。アドミッション コントロールと初期配置 を参照してください。

電力管理

vSphere Distributed Power Management (DPM) の機能が有効になっている場合、DRS はクラスタ レベルおよびホスト レベルの容量と、クラスタの仮想マシンに必要な容量 (最近の需要履歴を含む) とを比較します。十分な超過容量がある場合は、ホストの電源モードをスタンバイにするか、そうするよう推奨し、容量が必要な場合はホストをパワーオンするよう推奨します。ホストの電源状態に関する推奨に応じて、仮想マシンをホスト間で移行する必要があることがあります。電力リソースの管理 を参照してください。

アフィニティ ルール

アフィニティ ルールを割り当てることで、クラスタ内のホスト上の仮想マシンの配置を制御できます。DRS アフィニティ ルールの使用 を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client 内のデータセンターを右クリックし、新規クラスタ を選択します。
  2. 名前 テキスト ボックスでクラスタの名前を指定します。

    この名前は、vSphere Web Client ナビゲータに表示されます。

  3. [DRS をオンにする] チェック ボックスをオンにします。
  4. DRS のデフォルトの自動化レベルを選択します。

    自動化レベル

    Action

    手動

    • 初期配置: 推奨されるホストが表示されます。

    • 移行: 推奨が表示されます。

    一部自動化

    • 初期配置: 自動です。

    • 移行: 推奨が表示されます。

    完全自動化

    • 初期配置: 自動です。

    • 移行: 推奨が自動的に実行されます。

  5. DRS の移行のしきい値を設定します。
  6. (オプション) : [vSphere HA をオンにする] チェック ボックスを選択して、vSphere HA を有効にします。

    vSphere HA では、次の操作を実行できます。

    • ホスト監視を有効にする。

    • アドミッション コントロールを有効にする。

    • アドミッション コントロールを実施するポリシーのタイプを指定します。

    • 仮想マシン監視の監視感度を調整します。

  7. 適切と思われる場合は、EVC (Enhanced vMotion Compatibility) 機能を有効にし、この機能を操作するモードを選択します。
  8. [OK] をクリックしてクラスタ作成を完了します。

タスクの結果

新規クラスタにはホストや仮想マシンは含まれていません。

ホストと仮想マシンをクラスタに追加するには、クラスタへのホストの追加 を参照してください。